激闘クラシコの代償…レアルはCL決勝へ“不安要素”発生か(12枚)

ゲキサカ / 2018年5月7日 21時57分

バルセロナと激闘を演じたレアルだが、FWクリスティアーノ・ロナウドが足首を捻挫して途中交代

 リーガ・エスパニョーラ第36節が6日に行われ、バルセロナとレアル・マドリーによるクラシコは2-2の引き分けに終わった。
●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング