「日本の至宝イデグチが落選」スペインメディアは乾が「日本を牽引する」と報道

ゲキサカ / 2018年6月1日 15時45分

MF井手口陽介がW杯メンバーから落選

 日本サッカー協会(JFA)は5月31日、ロシアW杯に出場する日本代表メンバー23人を発表し、MF井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)ら3名が落選した。スペイン『マルカ』は井手口の落選と、MF乾貴士(エイバル)、MF柴崎岳(ヘタフェ)のメンバー入りを報じている。

 井手口は昨年8月31日のW杯アジア最終予選・オーストラリア戦(2-0)でゴールを挙げ、日本のW杯本大会出場決定に大きく貢献した。同メディアは「クルトゥラルで活躍する日本の至宝イデグチはメンバーから外れた」と見出しを打ち、23人のメンバーから落選したことを伝えた。

 今年1月、井手口はガンバ大阪からイングランド2部リーズに加入。今季はスペイン2部のクルトゥラル・レオネサに期限付き移籍したが、出場はわずか5試合にとどまった。5月30日のガーナ戦には途中出場したが、西野朗監督は「2週間で本大会にトップフォームで入れるか、確証を持てなかった」と判断した。

 記事では「出場機会が少なかったことで、代表招集から遠のいてしまった。日本人MFは合計109分プレーしたが、先発したのはラージョ戦のみ。移籍直後は出番があったが、終盤はずっと出場時間0分だった。こうした状況がW杯出場を危機的にさせていた」と指摘。「27人のメンバーリストには入ったが、日本の監督は最終選考でイデグチを外した」と伝えている。

 一方、リーガ・エスパニョーラで活躍する日本人MF乾、MF柴崎は揃って初のW杯メンバー入り。乾は右太腿痛で30日のガーナ戦(0-2)を欠場したが、「彼のスタイルは代表チームに少ない」と西野監督の心をつかみ、23人に滑り込んだ。

『マルカ』はMF本田圭佑(パチューカ)、MF香川真司(ドルトムント)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)の“ビッグ3”に加えて乾が「日本を牽引する」と伝え、西野監督の「彼は2週間前にトップフォームでいい状態だったので、そういう予測の下、彼だけを考えればロシアには十分入れる」という言葉も紹介している。
★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング