“異例ずくめ”神戸イニエスタ祭り「素晴らしい物語の第一歩と確信」

ゲキサカ / 2018年7月22日 21時39分

イニエスタがJリーグデビューの日を飾った

[7.22 J1第17節 神戸0-3湘南 ノエスタ]

 2018年7月22日。ヴィッセル神戸に加入したMFアンドレス・イニエスタ。世界的スターが記念すべきJリーグデビューの日を迎えた。

 ノエビアスタジアム神戸に詰めかけた観衆は今季最多の2万6146人。神戸のリーグ戦史上3番目の観衆を集めた。神戸のグッズ担当によると、イニエスタのTシャツはSMLサイズが完売。約1000枚が1日で売れるのは超異例のことだという。

 そしてその全員とも言っていいほどの視線が、試合前から新背番号8に集まる。報道陣は60社148名が集結する、まさに異例ずくめ。異様な空気が試合前からノエビアスタジアム神戸を包んでいた。

 後半14分にイニエスタが登場すると、スタンドの観衆は待ってましたとばかりの大歓声。イニエスタの魅せるプレーに大声援を送っていた。

 試合に負けたことでイニエスタは「残念。私は負けることが好きではないので」と唇を噛んだが、「このように温かく迎えられたことを喜んでいる」と大声援には感謝。そして「これから始まる素晴らしい物語の第一歩であると確信しています」と意気込みにかえていた。

(取材・文 児玉幸洋)★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング