聞いてないよ…GK加入を知らなかったリバプール守護神「今後についてはわからない」

ゲキサカ / 2018年7月24日 10時21分

ロリス・カリウスがリバプール退団

 リバプールに所属するGKロリス・カリウス(25)の去就が不透明となっている。

 19日、リバプールはローマからGK史上最高額となる移籍金6700万ポンド(約98億円)でブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)を獲得。ユルゲン・クロップ監督も「彼がワールドレベルのGKだから契約した。リバプールには最高級のGKが必要だ」と語り、アリソンを称賛していた。

 カリウスは、5月に行われたレアル・マドリーとのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝で致命的なミスを2度も犯した。さらにプレシーズンマッチでもミスから得点を許している。この現状からアリソンがリバプールの正守護神の座を掴む可能性が高まっている。

 『ESPN』によると、カリウスは「誰もアリソン獲得のことを前もって教えてくれなかった。僕にとって理想的な状態じゃない。今後についてはわからない。だけど、現時点でそのことについては何も話せない」とリバプール残留を明言しなかった。
●プレミアリーグ2017-18特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング