“鹿島の10番”がまさかの電撃移籍…鳥栖加入の金崎夢生「新たなチャレンジに向き合いたい」

ゲキサカ / 2018年7月24日 18時52分

サガン鳥栖に加入が決まったFW金崎夢生

 鹿島アントラーズは24日、FW金崎夢生がサガン鳥栖に完全移籍すると発表した。今季からエースナンバーを背負う“鹿島の10番”がわずか半年間での電撃移籍を決断した。

 金崎はポルトガルのポルティモネンセから15年、鹿島に期限付き移籍で加入。翌シーズンにはいったんポルティモネンセに戻ったが、16年からは完全移籍。2年連続で2ケタ得点を記録すると、今季からは10番を背負っていた。

 金崎はクラブの公式サイトを通じて、「アントラーズには3年半在籍し、本当に素晴らしい経験をさせていただきました。わがままを言ってチームに迷惑を掛けたこともありましたが、チームメート、スタッフ、フロント、そしてサポーターの方々と共に戦い、タイトル獲得の喜びを分かち合えたことは、自分にとって大きな財産です。

 そんななか、移籍を決意した理由としては、新しいチャレンジに向き合いたいという気持ちがあったからです。アントラーズで培った経験を生かし、新たな挑戦に臨みたいと思います。今まで応援していただき、本当にありがとうございました」とコメントしている。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2018年Jリーグ移籍情報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング