“強奪劇”再び?チリ代表MFにバルサ移籍が急浮上

ゲキサカ / 2018年8月3日 7時28分

アルトゥーロ・ビダルがバルセロナ移籍?

 バイエルンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(31)が、バルセロナに電撃移籍する可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が報じている。

 2007年夏にヨーロッパに渡ったビダルは、レバークーゼン、ユベントスを経て2015年7月にバイエルンに加入。在籍3シーズンで公式戦132試合22ゴールを記録した。

 だが、バイエルンは今夏、ドイツ代表MFレオン・ゴレツカを獲得したことにより、人員整理のためにビダルの放出を容認。レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(32)の獲得を断念したインテルへの移籍が噂されていた。

 そんな中、スペインのラジオ局『RAC1』がビダルのバルセロナ移籍を報道。すでに個人合意に達しているという。バルセロナとしては、広州恒大に移籍したブラジル代表MFパウリーニョ(30)の後釜としてビダルを獲得したい考えだ。

 今夏、ローマ移籍で基本合意に達していたFWマウコムを獲得したバルセロナ。再び“強奪”となるのだろうか。
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●ブンデスリーガ2018-19特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング