「“彼”とまた一緒に働けたら」との思いはあるが…チェルシー愛を強調するウィリアン

ゲキサカ / 2018年8月7日 12時10分

チェルシーMFウィリアン

 チェルシーのMFウィリアンは、マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督の下でもう一度プレーできたらと話しつつ、チェルシーでのプレーに不満がないことを強調した。英『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

 ウィリアンはモウリーニョがチェルシーを率いた14-15シーズンにプレミア制覇を経験。5日に行われたマンチェスター・C戦後には『ESPN』にモウリーニョとの関係について語った。

「モウリーニョは僕が一緒に働いた中で最高の監督だよ。良い関係にあるし、話をしたり、メールをすることもある。彼は素晴らしい監督で、彼の下でプレーしていたときは本当に楽しかった。いつの日かまた一緒に働けたらと思うよ」

 モウリーニョは攻撃のオプションを増やしたいと考えており、マンチェスターUはウィリアンの他にインテルFWイバン・ペリシッチなどを候補として挙げているようだが、ウィリアンに移籍の意思はないようだ。

「僕はチェルシーでとても満足しているし、このクラブに残りたいと思っている。ロンドンでの暮らしも好きなんだ。とにかく良い街だし、家族も馴染んでいる。だから僕はチェルシーにとどまりたい」
●プレミアリーグ2018-19特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング