注目CB高木先制ヘッドとエース和田2発で瀬戸内撃破!昨年の16強超え狙う阪南大高がまず1勝

ゲキサカ / 2018年8月8日 15時23分

阪南大高が後半の3ゴールで初戦突破。FW篠畑純也(左)は貴重なPK獲得

[8.7 総体1回戦 瀬戸内高 1-3 阪南大高 鈴鹿]

 7日、平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」(インターハイ)サッカー競技1回戦が行われ、三重交通G スポーツの杜 鈴鹿(第4グラウンド)の第3試合では瀬戸内高(広島)と阪南大高(大阪2)が激突。阪南大高が注目の2年生CB高木践の先制ヘッドと、快足FW和田育主将(3年)の2ゴールによって3-1で勝った。阪南大高は8日の2回戦で富山一高(富山)と戦う。

 高校年代最高峰のリーグ戦、プレミアリーグWESTで経験を積む阪南大高が、後半の3ゴールによって2回戦に駒を進めた。前半は球際激しい攻防戦の中で押し気味に試合を展開していたものの、やや攻め急いだ部分もあって得点に結びつけることができなかった。

 その阪南大高は後半、前線の配置を変えて和田を右サイド、プレミアリーグ選抜の左MF中村成龍(3年)を前線へ。これで「ボールが収まるようになってそこでタメを作れてサイドへ展開できるようになったので攻めやすかったです」(中村成)という阪南大高は後半5分、MF斉藤隆(2年)の右CKを中央に飛び込んだ高木が頭で合わせて先制点を奪った。

 後方から攻撃を組み立て、MF田辺利樹(2年)や10番MF佐々木達也主将(3年)がスピードアップさせる瀬戸内に対し、阪南大高は幅広いカバーリングを見せる高木を中心とした2年生4バックが「背後を突かせなかった」(濱田豪監督)。逆に前線やサイドでポイントを作る阪南大高は、PA付近で個人技を見せる中村成や攻守において高さを見せていたCB橋本直旺(2年)のヘディングシュートなどで2点目を狙っていく。
 
 瀬戸内は23分、田辺と佐々木が繋いで抜け出したFW中川歩夢(2年)が左足シュート。ビルドアップから右SB松崎聖人(2年)の攻撃参加などを交えて相手の守りを切り崩そうとする。だが、阪南大高は30分、右スローインを起点とした攻撃から、FW篠畑純也(2年)が上手くボールを収めてPAに侵入してPKを獲得。これを和田が右足で決めて2-0とした。

 瀬戸内も、直後に中川の好パスを起点に左サイドでマークを外したSB宮内勇太(3年)の折り返しを佐々木が左足ダイレクトで決めて1点差とする。直後には終盤、存在感を増していた宮内が1タッチミドルを放つなど同点ゴールを目指す。だが、阪南大高はアディショナルタイムに和田が豪快な右足ミドルをゴールに突き刺して3-1。「昨年の成績を絶対に越すことを目指している」と和田が語るように、昨年のベスト16超えを目指す阪南大高が次は富山一とのプレミア勢対決勝利を狙う。

(取材・文 吉田太郎)●【特設】高校総体2018

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング