東西プレミア対決は富山一に軍配、1回戦ハットのFW小森が決勝点

ゲキサカ / 2018年8月8日 20時8分

富山一がプレミアリーグ対決を制した(写真協力=高校サッカー年鑑)

[8.8 総体2回戦 富山一高1-0阪南大高 伊勢]

 平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」(インターハイ)サッカー競技は8日、各地で2回戦を行った。伊勢フットボールヴィレッジDピッチの第2試合では、富山一高(富山)と阪南大高(大阪2)が激突。開始早々の1点を守り抜いた富山一が1-0で3回戦に駒を進めた。なお、明日9日に行われる3回戦では長崎日大高(長崎)と戦う。

 高校年代最高峰のリーグ、プレミアリーグの東西対決となった。ここまでプレミアでは、EASTの富山一が1勝2分6敗で最下位、WESTの阪南大高は1勝1分7敗で暫定9位と苦戦を強いられている。互いに今大会で好成績を残し、後半戦に弾みをつけたいところ。

 熱戦が期待された試合は早々に動いた。富山一は前半7分、1回戦でハットトリックを達成したFW小森飛絢(3年)が単独ドリブル突破。そのまま左足でゴールに流し込み、これが決勝点となった。

 激戦区・大阪を突破して全国の切符を手にした阪南大高は、エースでキャプテンのFW和田育(3年)を中心にゴールに迫り、前後半3本ずつシュートを放ったが、GKを脅かすまでには至らなかった。1点に泣いた形となったが、この悔しさをプレミア、冬の選手権につなげる。
●【特設】高校総体2018

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング