ついに正式発表!! クルトワのR・マドリー移籍が合意成立…コバチッチがチェルシーへ

ゲキサカ / 2018年8月9日 5時47分

ロシアW杯ではベルギーを3位に導いたGKティボー・クルトワ

 チェルシーは8日、GKティボー・クルトワ(26)がレアル・マドリーに完全移籍することでクラブ間合意に達したと発表した。一方、R・マドリーのMFマテオ・コバチッチ(24)が1年間のローン移籍でチェルシーに加わるという。

 ベルギー代表の正守護神としても知られるクルトワは2011年、ゲンクからチェルシーに加入。すぐにアトレティコ・マドリーへローン移籍すると、初年度のUEFAヨーロッパリーグ制覇に貢献。その後も2年間にわたって契約を延長し、13-14シーズンにはリーガ制覇にも導いた。

 14年8月にはチェルシーに復帰。GKペトル・チェフとのレギュラー争いを制すと、ここでも初年度からプレミアリーグ制覇を勝ち取り、16-17シーズンにもリーグ優勝を果たした。また、今夏のロシア・ワールドカップではベルギー代表の3位入賞に貢献した。

 一方、トレード要員としてR・マドリーを放出されることになった1994年生まれのコバチッチは15年にインテルから加入。クロアチア代表でも若くして頭角を現わし、主に途中出場でロシアW杯での準優勝に大きく貢献していた。
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング