初戦2ゴールの主将CB山田祐樹、2回戦は“本職”で立正大淞南を勝利に導く(4枚)

ゲキサカ / 2018年8月9日 8時23分

1回戦の徳島市立戦では2ゴールを叩き出したDF山田祐樹(3年)

 平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」(インターハイ)サッカー競技は8日、各地で2回戦を行い、立正大淞南高(島根)が関西大北陽高(大阪1)を1-0で下した。

(写真協力=高校サッカー年鑑)●【特設】高校総体2018

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング