チェコ遠征中のU-17代表、現地の大会でファイナル進出! ハンガリーに5ゴール大勝

ゲキサカ / 2018年8月25日 13時12分

 チェコ遠征中のU-17日本代表は24日、第25回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメントの第3戦でU-17ハンガリー代表と対戦し、5-0で勝利した。日本は2勝1分でグループリーグ1位となり、決勝進出が決定。優勝を懸け、25日にU-17アメリカ代表と対決する。

 21日の第1戦U-17ウクライナ代表戦で1-0の勝利を収め、22日の第2戦U-17スロバキア代表戦は1-1で引き分けていた日本。互いに決勝進出の可能性を残して迎えたハンガリー戦では、前半13分にMF山本理仁がインターセプトからそのままGKとの1対1を制し、先制に成功する。同31分にはMF小田裕太郎がGKのミスを誘う左足のミドルシュートで追加点を奪い、2-0で折り返した。

 小田は後半12分にも自身の直接FKのこぼれ球を押し込み、この日2点目をマーク。3点リードの同21分には、小田のパスを受けたFW栗原イブラヒムジュニアがドリブルからネットを揺らす。さらに同44分、途中出場のFW山崎稜介がDF中村拓海のクロスにニアで合わせて5-0。ゴールラッシュでグループリーグ最終戦を制し、ファイナル進出を決めた。

 先制点を記録した山本は日本サッカー協会(JFA)の公式サイトを通じて「今日の試合では立ち上がりから積極的にゴールに向かうことを意識して試合に臨みました。その結果として多くのゴールが生まれたと思います」と振り返り、「明日でこのチームでの最後の試合なので、チーム全員で戦って優勝したいです」と決勝に向けて意気込んだ。

以下、試合結果

U-17日本代表 5-0(前半2-0) U-17ハンガリー代表

▽得点
13分:山本理仁(U-17日本代表)
31分:小田裕太郎(U-17日本代表)
57分:小田裕太郎(U-17日本代表)
66分:栗原イブラヒムジュニア(U-17日本代表)
89分:山崎稜介(U-17日本代表)

▽スターティングメンバー
GK:鈴木彩艶
DF:中村拓海、木村誠二、バングーナガンデ佳史扶、鷲見星河
MF:小田裕太郎、高田颯也、松岡大起、山本理仁
FW:櫻川ソロモン、栗原イブラヒムジュニア

▽サブメンバー
GK:上田樹
DF:畑大雅、馬場晴也
MF:井上樹、松本凪生、津久井匠海
FW:山崎稜介、染野唯月、松橋優安

▽交代
HT:高田颯也→松橋優安
63分:櫻川ソロモン→山崎稜介
66分:小田裕太郎→津久井匠海
66分:栗原イブラヒムジュニア→染野唯月
76分:山本理仁→井上樹

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング