スナイデルがベスト11選出も“あの選手”がいない…英紙「彼のことをまだ許していないようだ」

ゲキサカ / 2018年9月16日 21時31分

不仲説があったとされるヴェスレイ・スナイデルとロビン・ファン・ペルシー

 先日、オランダ代表引退試合を終えたMFヴェスレイ・スナイデル(アルガラファ)が、元チームメイトでベストイレブンを選出した。その中で英『ミラー』は、“ある選手”がいないことに注目している。

 これまでアヤックスやレアル・マドリー、インテルなどでプレーしてきたスナイデル。インテルではUEFAチャンピオンズリーグ制覇を含む3冠を達成するなど、各クラブでタイトル獲得に貢献した。また、2003年4月にデビューを果たしたオランダ代表では、2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で準優勝を経験。今月の引退試合まで同国歴代最多の134試合に出場し、31ゴールを記録した。

 そんなスナイデルが今回ベストイレブンを選出。メンバーは元チームメイトで構成したが、インテルで3冠を経験したメンバーが多く選ばれた。一方で、オランダ代表で長年チームメイトだった“ある選手”が選ばれていない。その“ある選手”とはFWロビン・ファン・ペルシー(35)だ。

 アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドなどに在籍したファン・ペルシーは、1つ年下のスナイデルと所属クラブが同じだったことはないが、デビューを果たした2005年6月以降はオランダ代表でチームメイトだった。だが、今回のベストイレブンにファン・ペルシーの名前はなかった。

 同紙によると、2人には不仲説があった模様。EURO2008でFKのキッカーの座を巡って口論になったことが始まりと伝えられている。当時、スナイデルがキッカーに指定されていたが、ファン・ペルシーは「キッカーが彼だけというのはナンセンスだ」と公言していた。今回、スナイデルがファン・ペルシーを選ばなかったことで、同紙は「彼のことを完全に許していないことを示唆している」と伝えている。

▽GK
ジュリオ・セーザル

▽DF
クリスティアン・キブ
セルヒオ・ラモス
ハビエル・サネッティ
マルセロ

▽MF
クラレンス・セードルフ
グティ
デヤン・スタンコビッチ

▽FW
サミュエル・エトー
アリエン・ロッベン
ズラタン・イブラヒモビッチ
●プレミアリーグ2018-19特集
●セリエA2018-19特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング