[プリンスリーグ北信越]2位の新潟U-18が首位との勝ち点差縮める:第16節

ゲキサカ / 2018年9月17日 22時23分

 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2018北信越は16日、17日に第16節を行った。

 勝ち点38で首位に立つ新潟明訓高(新潟)は勝ち点6差で3位の帝京長岡高(新潟)と対戦し、1-1で引き分けた。勝ち点34の2位・アルビレックス新潟U-18(新潟)はFW鈴木良太(2年)のハットトリックの活躍により日本文理高(新潟)を4-0で下し、新潟明訓との勝ち点差を「2」に縮めた。

【第16節】
(9月16日)
[新潟明訓高G]
新潟明訓 1-1 帝京長岡
[新]薗部太郎(7分)
[帝]長渡慧汰(34分)

日本文理 0-4 新潟U-18
[新]押久保汐音(9分)、鈴木良太3(54分、78分、90分)

(9月17日)
[金沢大サッカー場]
星稜 5-2 長岡向陵
[星]西部悠大2(19分、90分)、有馬大勢2(70分、90分)、桶作拓海(90分)
[長]品田康介(39分)、番場凌雅(57分)

[JAPANサッカーカレッジ]
開志学園JSC 0-0 富山一セカンド

北越 3-1 富山U-18
[北]小林心(12分)、河野一輝(45分)、高月創太(90分)
[富]朝野光信(82分)

【第17節】
(9月22日)
[富山県岩瀬スポーツ公園サッカー・ラグビー場]
富山U-18 10:30 長岡向陵

[新潟明訓高G]
新潟明訓 10:30 日本文理
北越 13:00 富山一セカンド

[JAPANサッカーカレッジ]
新潟U-18 13:00 星稜
開志学園JSC 15:30 帝京長岡

※日程は3月発表、変更の可能性あり
●2018高円宮杯プリンスリーグ特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング