アレックスが移籍後初出場でJ2初ゴール!栃木連敗「3」でストップ、2発完封で京都を撃破

ゲキサカ / 2018年9月22日 19時10分

[9.22 J2第34節 京都0-2栃木 西京極]

 J2リーグは22日、第34節を行い、栃木SCは敵地で京都サンガF.C.と対戦し、2-0で完封勝利をおさめた。前半の2得点を守った栃木は連敗を「3」でストップし、4試合ぶりの勝利を飾った。

 栃木が幸先良く先手を取った。前半18分、右CKをMF岡崎建哉が右足で蹴り込み、ニアサイドのDF服部康平が頭で叩きつけると、抜けてきたボールをDF福岡将太がヘディグシュートで突き刺した。

 先制に成功した栃木は前半27分にも追加点。中盤で粘ったMFヘニキが持ち上がり、FW浜下瑛にスルーパス。浜下がPA内右からふわりとしたクロスを入れると、FWアレックスがヘッドで押し込んだ。8月に鹿児島からレンタル加入したブラジル人FWは移籍後初出場でJ2初ゴール。栃木が2-0で前半を折り返した。

 後半開始と同時に京都は交代カードを切り、ジュニーニョに代えてDF田中マルクス闘莉王を投入。後半は京都がボールを保持する展開が続き、同20分、DF石櫃洋祐が右クロスを入れ、FWレンゾ・ロペスがヘディングシュート。後半33分にも石櫃が右後方からクロスを入れ、FWカイオがヘッドで合わせたが、これはGKの守備範囲に飛んだ。

 最後の反撃に出る京都は後半45分、右サイドから石櫃がクロスを入れ、闘莉王が胸トラップから左足シュートを放ったが、GK竹重安希彦が好セーブ。終盤の猛攻も実らず、京都は0-2で零封負け。3試合ぶりの黒星で直近5試合未勝利(3分2敗)となった。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第34節1日目 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング