伊東純也が完全合流!! パナマ戦で負傷も「痛みはあるけど影響はない」

ゲキサカ / 2018年10月15日 21時41分

完全合流を果たしたDF伊東純也

 キリンチャレンジカップのウルグアイ戦を翌日に控えた15日、パナマ戦(12日・デンカS)で右足首を負傷していた日本代表MF伊東純也がトレーニングに完全合流を果たした。現状の容態は「痛みはあるけど、プレーにはそんなに影響はないと思う」と説明した。

 伊東はパナマ戦の後半30分すぎ、相手ディフェンダーのチャージを受けて負傷。そのまま担架で運び出され、ゆっくりと歩きながらベンチへ戻った。翌13日の練習はホテルで休養し、14日はリカバリー用の別メニューで調整していた。

 この日、報道陣の取材に応じた伊東は「パナマ戦では結果が出たけど、内容は今までで一番できなかったほう。悔しかったというか、もっとできる部分が良かった」と1ゴールを決めたパナマ戦を振り返り、ウルグアイ戦に向けては「出たら結果が出せるように頑張ってやるしかない」と意気込んだ。

 今回からロシアワールドカップで活躍した海外組が合流したものの「あまりそういう意識はしていない」とのこと。ミニゲームではDF長友佑都とのマッチアップなども経験したというが、「寄せとかは速いけど、ワンタッチの練習が多いのでしかける場面はない。ガチでやってみたいのはあるけど……」と笑みを見せていた。

(取材・文 竹内達也)
●アジアカップ2019特設ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング