モウリーニョが激昂!両軍入り乱れる騒動に…「私もキャリアを通じてたくさん過ちを犯してきた」

ゲキサカ / 2018年10月21日 17時29分

ジョゼ・モウリーニョ監督が激昂

 マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が激昂した。試合終了間際に追いつかれたからではない。チェルシーのコーチが彼に何らかの言葉を口にしたようだ。

 20日、ユナイテッドはスタンフォードブリッジでチェルシーと対戦。先制点を許しながらも、FWアントニー・マルシャルの2ゴールで逆転に成功したが、後半アディショナルタイムにMFロス・バークリーに劇的な同点ゴールを決められ、2-2で引き分けに終わった。

 問題シーンは、バークリーの得点後に生まれた。喜びを抑えきれないチェルシーのコーチがベンチを飛び出し、モウリーニョ監督の目の前でガッツポーズ。さらに何かを言葉を口にすると、ポルトガル人指揮官が激昂し、そのコーチを追いかけたことで両軍入り乱れる騒動に発展した。

 スタッフらに抑えられ、冷静さを取り戻したモウリーニョ監督は、公式サイトによると、「私はスポーツの世界で一定レベルの教育を受けているし、社会性もある。今日の行動についてだが、マドリードだろうと、ポルトだろうと、ミラノだろうと、どこでも同じ態度を取るだろう」と看過することのできない行為だったと語った。

 試合終了後には、問題のコーチから謝罪を受けたという。「ファンの反応は彼ら次第だ。誤解しないでもらいたいが、何かに苛立っているわけではない。試合後、サッリ監督のオフィスに彼のアシスタントがやって来て、私に謝罪した。私はすぐにこう言った。『もし本当に悪いと思い、謝罪する意思があるのなら、もちろん受け入れる。忘れよう』とね。私もキャリアを通じてたくさん過ちを犯してきたのだから、たった一度の過ちで彼を終わらせるつもりはない」と語り、水に流す姿勢を示した。
●プレミアリーグ2018-19特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング