ニューヒーロー賞受賞の横浜FM遠藤渓太「自分だけで勝ち得た賞ではない」

ゲキサカ / 2018年10月22日 16時21分

ニューヒーロー賞を受賞した横浜F・マリノスMF遠藤渓太

 ルヴァン杯の『ニューヒーロー賞』を受賞した横浜F・マリノスMF遠藤渓太が22日、取材に応じて「大変うれしく思います」と喜びを語った。

「自分だけで勝ち得た賞ではない。チームの先輩方やスタッフの方、家族、すべての方のおかげで自分がこの賞を受賞できたと思う」

 ルヴァン杯ではグループステージ5試合、プライムステージ4試合に出場して、チームの17年ぶりの決勝進出に貢献。自身はノーゴールということもあって、「決勝でしっかりゴールしたい」と意気込みを示すと、「チーム全員で戦ってきた大会だと思っているし、皆でつかんだ決勝だと思うので、しっかり勝ちたい」とタイトル獲得への意欲を燃やした。

「昨季の天皇杯決勝(対C大阪●1-2)で負けた悔しさがあるので、ここまで来たら死ぬ気で勝ちたい。スコアは何対何でもいいので、最後に僕らが勝っていたらいい」

 27日の決勝は5日後に迫っている。2日前の20日に行われたJ1リーグ第30節G大阪戦で左太もも裏を痛めて途中交代しており、コンディションは気になるところだが、怪我の状況を「重症ではなく軽症」と説明すると、「そこ(決勝)に向けて前進するだけ」と大一番に向けてコンディションを上げていこうとしている。

(取材・文 折戸岳彦)●ルヴァン杯2018特設ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング