安部裕葵が華麗すぎる2アシスト!!タイに勝ったU-19日本代表の決勝T進出が決定

ゲキサカ / 2018年10月23日 6時10分

2点を演出したU-19日本代表MF安部裕葵(鹿島)

[10.22 AFC U-19選手権第2戦 U-19日本代表 3-1 U-19タイ代表]

 U-19日本代表は22日、AFC U-19選手権第2戦でU-19タイ代表と対戦し、3-1で勝利した。2連勝の日本は勝ち点を「6」に伸ばし、第3戦を残して首位での決勝トーナメント進出を決めた。

 日本は4-4-2のフォーメーションでGKは谷晃生(G大阪)、最終ラインは右からDF石原広教(湘南)、DF橋岡大樹(浦和)、DF三國ケネディエブス(青森山田高)、DF東俊希(広島ユース)。MF齊藤未月(湘南)とMF伊藤洋輝(磐田)のダブルボランチで右SHにMF郷家友太(神戸)、左SHにMF安部裕葵(鹿島)。2トップはFW宮代大聖(川崎F U-18)とMF斉藤光毅(横浜FCユース)がコンビを組んだ。

 日本の10番を背負うファンタジスタが華麗な個人技からゴールを演出した。前半27分、安部が左サイドのスペースにパスを出して走り込み、相手DFからボールを奪い返してエリア内に進入。DF2人をドリブルで切り裂き、体勢を崩しながら送ったグラウンダーのクロスはGKに阻まれたが、こぼれ球に詰めた宮代が押し込んだ。

 先制に成功した日本は主導権を握り、タイに決定機をつくらせずに試合を運ぶ。前半42分、安部が宮代に出したパスは相手にカットされたが、自らこぼれ球を奪い返すと、絶妙なスルーパスを供給。抜け出した斉藤が冷静にGKをかわして右足で無人のゴールに流し込み、2-0。同44分にはPA左手前でFKを獲得すると、宮代が右足で直接狙ったシュートは壁を越えてゴール左隅に突き刺さった。

 3-0で折り返した後半開始と同時に安部と宮代がポジションを変更。日本は最初の交代枠を使い、伊藤に代えてMF山田康太(横浜FM)を投入した。後半9分にはロングボールからタイに1点を返され、同12分にもあわやの場面。カウンターからGK谷の頭上を抜くループシュートを打たれたが、カバーに入った橋岡が蹴り出した。

 守備の緩みを突かれた日本は苦しみながらも難をしのぐ。後半16分には宮代が決定的なシュートを放ったが、これは惜しくも左ポストを直撃。同25分、2枚目の交代枠で斉藤に代えてFW原大智(FC東京)、同42分には郷家に代えてFW久保建英(横浜FM)を投入。終盤は攻め込まれる場面も目立ったが、そのまま3-1で逃げ切った。
 
(取材・文 佐藤亜希子)
●【特設】AFC U-19選手権インドネシア2018
★日本戦全試合はCS放送のテレ朝チャンネル2で生中継!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング