前橋育英伝統の「14」背負うMF秋山裕紀、来季の新潟加入が内定

ゲキサカ / 2018年10月24日 15時27分

来季新潟加入内定が発表された前橋育英高MF秋山裕紀

 アルビレックス新潟は25日、前橋育英高MF秋山裕紀の来季加入内定を発表した。クラブ公式ウェブサイトで秋山は「攻撃でリズムをつくり、決定的なパスでチャンスを演出するボランチ。高精度のプレースキックも兼ね備える」と紹介されている。

 前橋育英高伝統のエース番号「14」を背負う秋山は、クラブを通じて「小さな頃からずっと夢であったプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思います。そして、アルビレックス新潟でプロサッカー選手としてのスタートを切れることに感謝しています。今まで関わってきてくださった家族、スタッフ、仲間に感謝の気持ちを持ってプレーしたいと思います。一日でも早くビッグスワンのピッチに立って活躍できるように頑張ります」とコメントしている。

以下、プロフィール

●MF秋山裕紀
(あきやま・ひろき)
■生年月日
2000年12月9日(17歳)
■身長/体重
174cm/63kg
■出身地
群馬県
■経歴
前橋FC-前橋育英高

(写真協力=高校サッカー年鑑)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング