ジダン復帰のレアル、チーム再建に向けてスターリング獲得か

ゲキサカ / 2019年3月16日 23時19分

レアル・マドリーがラヒーム・スターリング獲得に興味?

 レアル・マドリーがマンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(24)の獲得に関心を示している。英『ミラー』が報じた。

 今季2度目の監督交代を敢行したレアル。ジネディーヌ・ジダン監督が再任し、チームの再建に向けて、補強費として3億ポンド(約445億円)を準備しているようで、パリSGのブラジル代表FWネイマールやチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール、トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが候補に挙がっている。

 その再建計画の一環として、レアルはスターリングの獲得も狙っているという。ジダン監督はスターリングの大ファンで、過去に「我々は彼を選手として監視している」と語り、獲得に関心があることを認めていたほどだ。

 しかし、シティは2023年まで契約を結んでいるスターリングの放出を考えていない。さらにファイナンシャル・フェアプレーの影響で補強禁止処分を受ける可能性があり、できる限り主力選手の売却は避けたいと考えているようだ。

 2015年7月にリバプールからシティに加入したスターリングは、今季ここまで公式戦36試合で19ゴール11アシストを記録。4連覇を目指すシティの中で素晴らしいパフォーマンスをみせており、評価が高まっている。
●プレミアリーグ2018-19特集
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング