アザール弟のドルトムント移籍が決定!「絶好のタイミングだった」

ゲキサカ / 2019年5月22日 19時21分

ドルトムントがトルガン・アザールを獲得

 ドルトムントは22日、ボルシアMGに所属するベルギー代表MFトルガン・アザール(26)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日まで。

 MFエデン・アザール(チェルシー)の弟であるT・アザールは、2012年夏にチェルシーに加入するも出場機会を得られず、2015年2月にレンタルを経てボルシアMGに完全移籍。今季は公式戦35試合で13ゴールを記録した。

 クラブ公式サイトによると、T・アザールは「ボルシアMGでの5年間に感謝したい。本当に素敵な思い出なんだ。僕のキャリアでステップアップする絶好のタイミングだった。素晴らしいファンがいるトップクラブだ。ドルトムントのためにプレーできるなんて誇らしい」と移籍成立を喜んだ。

 なお、米『ESPN』によると、移籍金はおよそ4000万ユーロ(約49億8000万円)とされている。
●ブンデスリーガ2018-19特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング