四国大会は大手前高松と高知が両校優勝

ゲキサカ / 2019年6月19日 1時21分

 第68回四国高校サッカー選手権大会が17日まで行われた。荒天により15日の試合が中止に。16日に1回戦、17日に準決勝が行われ、大手前高松高と高知高が準決勝を勝利。決勝は行われず、大手前高松と高知が両校優勝を果たしている。大手前高松高は初、高知は17年ぶり2回目の優勝となった。

font color="#009900">【四国】
[準決勝](6月17日)
大手前高松高 3-0 高知中央高
徳島北高 2-3 高知高

[1回戦](6月16日)
新田高 2-3 大手前高松高
高知中央高 3-0 徳島市立高
四国学院大香川西高 1-2 徳島北高
今治東中等教育学校 0-2 高知高
※荒天により1回戦は16日、準決勝は17日に順延。決勝は行わず両校優勝
●【特設】高校総体2019

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング