総理大臣杯開幕! 大体大、東園大が初戦突破! 拓大は大量11得点で快勝:1回戦結果一覧

ゲキサカ / 2019年8月30日 11時49分

福岡大が接戦を制した

第43回総理大臣杯全日本大学トーナメント

 第43回総理大臣杯全日本大学トーナメントが29日に開幕した。関西学生1部リーグ首位の大阪体育大(関西第4代表)や東海学生1部リーグ首位の東海学園大(東海第2代表)が1回戦から登場し、順当に勝利。9月1日の2回戦に駒を進めている。

 10年連続25回目の出場となった大体大は、5年連続7回目出場の北海道教育大岩見沢校(北海道第1代表)と1回戦で激突。前半終了間際にMF野寄和哉(1年=東福岡高)のアシストからMF瀬尾純基(2年=青森山田高)が右足シュートで先制点を決める。さらに試合終了間際にはFW高橋一輝(2年=桐生一高)が混戦の中からヘディングシュートで追加点。大体大が2-0で危なげなく勝利を収め、2回戦では筑波大と対戦することになった。

 4年連続7回目出場の東園大は、2年連続5回目出場の日本文理大(九州第3代表)と対戦。試合は終盤に大きく動く。東園大は後半35分、MF澤朋哉(4年=三重高)のクロスをFW野中魁(3年=長崎U-18)がヘディングシュートで合わせて先制に成功。さらに同41分にはFW神谷椋士(4年=東海学園高)のパスをMF白川大吾廊(3年=静岡学園高)が決めて2点目とする。終了間際にはMF児玉駿斗(3年=中央学院高)のお膳立てからDF加藤大貴(4年=東海学園高)がダメ押しの3点目。東園大が高い攻撃力で3-0の完封勝利を収め、2回戦では立正大と対戦する。

 福岡大(九州第1代表)と新潟医療福祉大(北信越代表)の対戦は、福大が1-1のPK戦の末、5-3で勝利。拓殖大(関東第7代表)は北海学園大(北海道第2代表)に11-0で快勝している。

 2回戦は9月1日に開催。前回王者の明治大や、現在天皇杯で勝ち進んでいる法政大といった強豪校が登場する。組み合わせはこちら

▽1回戦
[ヤンマースタジアム長居]
IPU・環太平洋大 2-4 仙台大
[I]赤木直人(39分)、里出怜央(72分)
[仙]井上友也(15分)、本吉佑多(32分)、藤岡優也(77分)、岩渕弘人(89分)

大阪経済大 1-2 中京大
[大]植村宥紀(62分)
[中]水口湧斗(89分)、加藤弘也(90分+5)

[ヤンマーフィールド長居]
日本文理大 0-3 東海学園大
[東]野中魁(80分)、白川大吾廊(86分)、加藤大貴(90分+4)

大阪体育大 2-0 北海道教育大学岩見沢校
[大]瀬尾純基(45分+1)、高橋一輝(90分+3)

[神戸総合運動公園ユニバー記念競技場]
福岡大 1-1 (PK5-3) 新潟医療福祉大
[福]梅木翼(40分)
[新]佐々木快(75分)

北海学園大 0-11 拓殖大
[拓]奥村晃司(5分)、長尾吉家2(11分、35分)、池田廉3(13分、14分、44分)、小宮嶺(25分)、増田力也(28分)、加賀美右京(64分)、田中幸大2(74分、79分)

[西京極総合運動公園陸上競技場]
鹿屋体育大 3-1 四国学院大
[鹿]藤本一輝(52分)、山口卓己(57分)、根本凌(90分+5)
[四]久保田蓮(38分)

高知大 0-1 静岡産業大
[静]早川諒祐(92分)
●第43回総理大臣杯特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング