[プリンスリーグ北海道]札幌U-18が2年ぶり優勝!旭川実との首位攻防戦を制す:第13節2日目

ゲキサカ / 2019年9月22日 14時41分

札幌U-18が2年ぶり優勝

 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2019北海道は22日、第13節2日目が行われ、北海道コンサドーレ札幌U-18の優勝が決まった。

 勝ち点31で首位につける札幌U-18は、勝ち点3で2位の旭川実高と対戦。スコアレスで迎えた後半10分に田中光太のゴールで先制すると、後半41分に佐藤陽成が追加点を挙げ、2-0で完封勝ち。最終節を残して勝ち点7差となり、札幌U-18の2年ぶり優勝が決まった。

 プリンス北海道はプレーオフ出場枠は2つ。残り1枠を勝ち点28で並ぶ旭川実と札幌一高が争うことになる。なお、最終節は10月6日に行われる。

【第13節】
(9月21日)
[札幌一高G]
札幌一 3-0 札幌大谷高
[札]岩井一真(47分)、清水響生2(48分、86分)

(9月22日)
[旭川東光スポーツ公園A]
旭川実 0-2 札幌U-18
[札]田中光太(55分)、佐藤陽成(86分)

[札幌創成高G]
札幌創成 0-1 帯広北
[帯]小出頼人(62分)

(9月23日)
[苫小牧緑が丘]
駒大苫小牧 10:00 白樺学園

【第14節】
(10月6日)
[東雁来公園(東)]
札幌大谷高 10:00 旭川実
札幌U-18 12:30 駒大苫小牧

[東雁来公園(西)]
札幌創成 10:00 白樺学園
札幌一 12:30 帯広北

※日程は3月発表、変更の可能性あり
●高円宮杯プリンスリーグ2019特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング