視聴率は危険水域 男子ゴルフ「テレビ中継」が打ち切りピンチ

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年9月22日 12時12分

写真

池田では数字が取れない(C)日刊ゲンダイ

【ダイヤモンドカップゴルフ】

 ゴルフ関係者の間に衝撃が走った。前週、ANAオープン最終日のテレビ視聴率が関東4・6%(日本ゴルフトーナメント振興協会調べ)と振るわなかったからだ。

 池田勇太(31)がプレーオフの末に今季2勝目を挙げ、生涯獲得賞金10億円を最年少記録で更新と話題はあった。しかし、お茶の間のゴルフファンはちっとも関心を示さなかったのがわかる。

 一般的にスポーツ中継の場合、5%を切ると“危険水域”といわれ、いつ打ち切りになってもおかしくない状況だ。

 池田が今季1勝目を挙げたKBCオーガスタにいたっては2.8%。ANAもオーガスタも前年より視聴率がダウンしており、テレビ関係者は「池田では数字が取れない」と諦めている。

 ちなみに今季男子ツアー最終日の関東平均視聴率は3.1%に過ぎず、5%を超えた大会は1試合もない。

 昨年は松山英樹(25)が勝った日本オープンが関東9.4%、三井住友VISA太平洋マスターズが同7・2%だった。

 視聴率10%超えは難しいが、「せめて5%は超えてほしい」と願う声は年々大きくなっている。このままだとTV中継なしの寂しいツアーになってしまう。

日刊ゲンダイDIGITAL

トピックスRSS

ランキング