フジが決断 とんねるず「みなおか」打ち切りの厄介な裏側

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年11月14日 9時26分

写真

とんねるずの石橋貴明(左)と木梨憲武の高額ギャラも災い/(C)日刊ゲンダイ

「月末の社長定例会見までに局として正式に発表する必要がある。関係各所の人間は、『時間がない』と真っ青になってます」(フジ関係者)

 一部スポーツ紙などが今月上旬、フジテレビの2大長寿バラエティー「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜19時57分)と、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜21時)が来年3月に放送を終了すると報じた一件。前者の“めちゃイケ”は早々に番組内で打ち切りを発表したが、その舞台裏で巻き起こった出演者やCMスポンサーを巻き込んでのドタバタ騒動は日刊ゲンダイでも既報通り。そしてここに来て、“みなおか”周辺もてんやわんやだという。

 9日放送回では番組終了について一切触れることはなかったが、ある意味、めちゃイケより状況は厄介。「バラエティーのフジ」を支えた貢献度の高さに加え、石橋貴明(56)、木梨憲武(55)と上層部との私情の深さが事態を複雑化させているというのだ。

 “みなおか”は前身番組から数えると30年もの間、手を替え品を替え番組を継続させてきた長寿番組。その間、つい先日の特番でケチがついてしまった「保毛尾田保毛男」含め、「仮面ノリダー」といった人気キャラクターや「食わず嫌い王」「矢島美容室」といった名物コーナーを世に送り出した。その功績もあって、「90年代の全盛期の番組制作費は1本4000万円に対し、とんねるずのギャラは1000万円と破格だった」(制作関係者)。

 だが、それも今となっては昔の話。最新の制作費は「半額近い2500万円まで削減されていた。それに対し、2人のギャラは2割減の800万円。名物番組とはいえ局内に反感がなかったわけではない。とんねるずはギャラの高さが災いして自ら首を絞めた側面がありますね」(前出の制作関係者)。

■情実、しがらみが絡み合い……

 そんな特別待遇はギャラだけにあらず。

「一時期まで“みなおか”の打ち上げには日枝久現相談役も参加し、石橋と木梨に『何か困ったことはないか』と声をかけていた。その流れで2人が“○○をフジの社員にしてやって欲しい”とプッシュし、即座に採用された制作会社のスタッフもいる。現在は出向先の系列局で役員に就いています」(別のフジ関係者)

 鶴の一声ならぬ“とんねるずの一声”で人事にまで影響を及ぼすとは大したものだが、「何かと忙しい木梨とは違って、暇を持て余しているのが石橋。企画会議に顔を出してああでもないこうでもないと意見するそうですが、現場のスタッフはムゲにもできず対処に困っているようです」(前出のフジ関係者)。

 長寿バラエティー打ち切りで視聴率再浮上を狙うフジテレビ。しがらみの断ち切りが最重要課題だ。

日刊ゲンダイDIGITAL

トピックスRSS

ランキング