清宮以上の評価も 大阪桐蔭“三刀流”根尾に巨人がゾッコン

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年11月14日 12時4分

写真

大阪桐蔭の根尾(C)日刊ゲンダイ

 明治神宮野球大会は昨13日、高校の部の準決勝が行われ、大阪桐蔭(近畿・大阪)が創成館(九州・長崎)に4―7で敗れ、今秋の公式戦の連勝が12でストップした。

 注目は「4番・遊撃」で出場し、六回から3番手としてリリーフ登板した背番号「6」の根尾昂(2年)だ。この日は最速146キロ。4回を投げて7奪三振1失点と好投したが、打線は創成館の3投手の前に4得点に終わった。新チーム結成以来、公式戦初黒星を喫した根尾は「自分たちの力不足で負けてしまった。ミスを重ねてチームとしてカバーできなかった。自分たちの弱さが出た」と振り返った。

 投打で来秋ドラフトの目玉候補である。打っては1―0で勝った近畿大会決勝の智弁和歌山戦で試合を決める決勝弾を含む3安打。投げてはMAX148キロで、同準決勝の近江(滋賀)戦で「4番・投手」で先発。16奪三振の完封勝利を飾っている。

■中学時代はスキー全国大会V

 今春のセンバツでは投手、遊撃、中堅もこなしたことで、投、内、外野の「三刀流」とされる。ネット裏で今大会を視察した球界関係者がこう言った。

「巨人がゾッコンです。岡崎スカウト部長は新2年生だった今春のセンバツから『ポテンシャルが高い』と注目している。投げて打って守って内外野ができる。いずれも1位級の高い能力があるが、どちらかというとプロの評価は投手としての方が高い。巨人は先のドラフトで早実の清宮を抽選で外している。来年こそはフレッシュな甲子園のスター高校生を獲得したい。根尾はその筆頭候補です」

 才能は野球だけではない。豪雪地帯の岐阜県飛騨市出身。幼少期からスキーで体を鍛え、中学時代は野球とスキーで活躍した。2年時には全国大会でアルペン種目の回転で優勝という異色の経歴を持つ。両親ともに医師。中学時代は生徒会長で「オール5」に近い成績だったという。

 メジャー移籍を表明している日本ハム・大谷の「二刀流」を受け継ぐ選手として、プロでも可能性を探る球団が出てくるともっぱら。「清宮以上」の呼び声もある「三刀流」を、巨人は「1位候補」として密着マークしていくようだ。

日刊ゲンダイDIGITAL

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング