職務怠慢で定款違反 貴乃花親方が「理事」を剥奪される日

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年11月23日 9時26分

写真

いまだ黙して語らず(C)日刊ゲンダイ

「巡業部長は何かあれば理事長に報告する義務が課せられています」

 去る20日、両国国技館で行われた相撲協会の評議員会終了後、池坊保子議長はこう言った。

 横綱日馬富士(33)の貴ノ岩(27)に対する暴行事件。貴ノ岩の師匠である貴乃花親方(45)は、巡業部長でありながら協会より先に鳥取県警に被害届を提出した。それは課せられた義務を怠ったということだろう。池坊議長は「すみやかに理事長に報告していれば、対処のしようがあったと思います」とも言っている。

 そんな貴乃花親方について、相撲協会内部では理事職の剥奪も検討されているという。

 協会の定款には「理事が職務上の義務に違反し、または職務を怠ったときは、評議員会の決議によって解任することができる」(第18条及び第32条1)とある。報告義務を怠った貴乃花親方はこれに該当するのだ。

 しかも、貴乃花親方は10月29日に被害届を出しながら、周囲には11月3日に鏡山危機管理部長から電話で報告を受けるまで暴行の事実を知らなかったと言っているそうだ。これはもう、意図的に報告をしなかったと受け取られても仕方がない。

 貴乃花親方は危機管理委員会が貴ノ岩の事情聴取を要請したにもかかわらず、応じていないことも明らかになっている。

■講習会も稽古総見も欠席

 怠っているのは巡業部長としての職務に限らない。

 昨年4月は「反社会的勢力排除に伴う講習会」を、理事でただひとり欠席。直前の理事長選に敗れ、「理事に与えられた仕事をまっとうしていきたい」と言った舌の根も乾かぬうちに、協会の公式行事をばっくれた。

 さらに5月場所と9月場所前に行われた横綱審議委員会の稽古総見も欠席。9月の稽古総見は他の理事9人が出席したにもかかわらず、貴乃花親方はひとり姿を現さなかった。おまけに弟子の貴ノ岩も来ずじまい。「幕下は15枚目まで、十両と幕内は8枚目まで」参加義務があるのに、前頭3枚目の貴ノ岩は総見に来なかった。弟子ともどもシカトして周囲のひんしゅくを買ったうえに、同じく理事で広報部長の春日野親方からお灸を据えられてもいる。

 巡業部長としての職務ばかりか、理事としての仕事も怠っている。定款に定められた「解任」にあたるわけで、協会内部で「理事剥奪」の声が上がるのももっともなのだ。

日刊ゲンダイDIGITAL

トピックスRSS

ランキング