宮迫博之は芸能界追放か 一挙11人謹慎処分“吉本流危機管理”の裏事情

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年6月26日 9時26分

写真

「雨上がり決死隊」の宮迫博之(C)日刊ゲンダイ

 芸能界は未曽有の大パニックだ。

 特殊詐欺グループとされる反社会的勢力を相手に闇営業し、金銭を受領したとして、吉本興業が24日、所属芸人を謹慎処分にしたと発表した。

 謹慎処分となったのは、以下の11人。「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)、「ロンドンブーツ1号2号」田村亮(47)、「レイザーラモン」HG(43)、「ガリットチュウ」福島善成(41)、くまだまさし(45)、「ザ・パンチ」パンチ浜崎(38)、「天津」木村卓寛(43)、ムーディー勝山(39)、「2700」八十島宏行(35)と常道裕史(36)、「ストロベビー」ディエゴ(41)。

 中でも影響が大きいのは、コンビでもピンでも多数のレギュラー番組を持つ宮迫だ。

 宮迫は書面で「世間の皆様、関係者の皆様、並びに番組・スポンサーの皆様に大変なご迷惑をおかけし申し訳ございません。そういった場所へ足を運んでしまい、間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております」とコメント。当初の「金銭をもらっていない」という発言はウソだったことを認めた。

 同書面で吉本は、コンプライアンスの順守を徹底するとしているが、芸能文化評論家の肥留間正明氏はこう語る。

「吉本は昔から問題が発覚した芸人を即座に切るんです。宮迫も金銭をもらってないわけはなかった。また、“反社会勢力だったということは報道で初めて知ったことであり、断じてつながっていたという事実はなかった”と弁解していますが、ロクでもない連中だとはうすうす分かっていたはず。自業自得です」

 しかしながら、さすがの吉本でも、これだけの数の芸人を一度に謹慎処分にするというのは前代未聞。その裏にはこんな事情もあるという。

「今、週刊誌の編集部には、反社会的勢力から、芸人の闇営業の証拠写真や動画がいくつも持ち込まれている。時期などは不明のものも多いのですが、そこには今回、名前が挙がった芸人以外も写っているそうです。彼らは編集部に持ち込めば金になることを知っている一方、さらに悪質な場合は、出演した芸人本人に『この写真が出たら困るでしょう』と恐喝するやからもいます。騒動はさらに広がる可能性がある」(事情に詳しい芸能関係者)

■テレビ局は大混乱

 ちなみに闇営業の仲介役を務めたカラテカの入江慎也はすでに吉本から契約解除。同じ闇営業に参加していた「ザブングル」(ワタナベエンターテインメント所属)の2人も謹慎処分に。

 宮迫に関しては、公開中の映画「アベンジャーズ」でホークアイ役で声優を務めており、声優差し替えの事態となった場合、莫大な違約金が発生することが予想される。

 司会を務める「アメトーーク!」(テレビ朝日系)では、番組スポンサーに多数のクレームが入り、スポンサーが次々とCMを引き揚げるという異例の事態に。今後の対応についてテレビ朝日広報部に聞くと「(宮迫に関しては)今後の出演を見合わせます。収録済みの番組については、対応を慎重に検討している」と回答。相方の蛍原徹がピンで、またはピンチヒッターを迎えて司会をすることが予想される。さらに宮迫がレギュラー出演する各局の番組は、放送中止、出演シーンのカットなどが相次ぎ、テレビ局は大混乱に陥っている。

 お笑い評論家のラリー遠田氏はこう語る。

「単なる闇営業の問題と、反社会的勢力相手の闇営業の問題は明確に区別する必要があると思います。今回、反社会的勢力を相手に闇営業し、金銭を受領していたことは、現在のコンプライアンスからは許されません」

泣いて馬謖を斬る心境か

 同文書では、芸人の処分について「当面の間、活動を停止し、謹慎処分」としてるが、今後どうなるのか。

「吉本サイドは一定期間謹慎させ、ほとぼりが冷めたら復帰と考えているかもしれません。とくに冠番組を持つ宮迫の場合は、テレビ局やスポンサーとの関係もあるので、対応は複雑でしょう。現段階の情報では、かつて反社会的勢力との関係が明るみになり、芸能界を引退した島田紳助ほどズブズブの関係ではないようです。しかし、今後出てくる話によっては、無期限活動停止という厳しい処分もあり得るのではないでしょうか」(ラリー遠田氏)

 吉本的には、大物芸人のひとりである宮迫に厳しい処分を下したことは、泣いて馬謖を斬る心境だろう。とはいえ、身から出たさび。「不倫」に加えて「反社会的勢力」との関わりで、詰んでしまった宮迫は“芸能界追放”寸前である。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング