巨人・原監督が事実上の「後継指名」…阿部二軍監督をヘッドコーチ代行に異例抜擢

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年9月17日 11時15分

写真

戦況を見つめる原監督(左)と阿部ヘッドコーチ代行(C)共同通信社

 異例の措置ではある。

 16日の阪神戦から阿部慎之助二軍監督(41)がヘッドコーチ代行として、一軍ベンチ入りすることになった巨人。虫垂炎で手術、入院する元木大介ヘッドコーチ(48)が復帰するまでの緊急対応だが、OBで元投手コーチの高橋善正氏は「異例というより、余裕の措置ですね」と、こう言った。

「二軍監督はチーム内では原監督(62)に次ぐ序列とはいえ、一軍の現状を完全に理解している立場ではない。オリックスのように一軍の監督代行として二軍監督を昇格させる例はあっても、ヘッドコーチの代行は聞いたことがありません。本来なら経験豊富で原野球を理解している吉村作戦コーチ(57)が代行を務めるのが普通でしょう。あるいは、昨年はヘッドコーチを置かなかったわけだから、元木コーチが復帰するまでの期間限定ならば、空位にしておく手もあった。原監督がそうしなかったのは、自身の有力後継者の阿部二軍監督に経験を積ませるいい機会だと思ったからに他ならない。原監督自身も2002年の就任前年に、ヘッドコーチとして当時の長嶋監督から試合の采配を任され、それがいい経験、勉強になったと言っていた。同じように『慎之助、この試合はおまえに任せる』と采配を託すこともあるでしょうね。ペナントレースの真っ最中とはいえ、そういうテストができる独走態勢ですから」

■ナメられる阪神

 まるで、秋や春のキャンプで行う紅白戦のような雰囲気だが、巨人が早くも優勝マジックを点灯させたセ・リーグは、ペナントレースの緊張感が希薄になる一方。15日からの2位阪神との直接対決だって、首位攻防戦というムードは皆無だ。この日も案の定、巨人が7―6で勝利。主将の坂本勇人と4番の岡本和真を「軽い体調不良」と「軽い腰痛」を理由に休ませながら、それでも七回まで7―0と一方的だった。

「優勝争いが白熱していれば、さすがに原監督も『慎之助に経験を積ませてみるか』とはならなかったでしょう。そういう意味では、阿部ヘッドコーチ代行という異例のお試し人事の辞令を出したのは、原監督ではなくセの5球団と言っていいかもしれない。特に阪神は完全に見下されているようなもの。情けない限りです」(前出の高橋氏)

 来季で3年契約が切れる原監督の後任には、読売内で待望論の根強い松井秀喜や再登板となる高橋由伸前監督の名前も消えていないが、原監督の意中は阿部二軍監督だとされる。今回のヘッドコーチ代行人事は事実上の後継指名とみるチーム関係者も多い。いずれにしろ、シーズン中にそんな話題が出る巨人は上から下まで余裕綽々である。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング