今オフFAの田中将大に「金満メッツ入り」浮上…補強の最有力候補とも

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年10月29日 11時20分

写真

田中将大(C)ロイター/USA TODAY Sports

 MLB選手会は28日(日本時間29日)、今オフのFA選手147人を発表。日本人ではヤンキース・田中将大(31)、マリナーズ・平野佳寿(36)の両右腕が入った。

 7年契約が満了した田中を巡ってはヤンキース残留の他、金満球団への移籍が取りざたされている。

 球団買収が承認されたスティーブ・コーエン氏が新オーナーに就任するニューヨーク・メッツだ。同氏が保有する個人資産は1兆円を超え、今オフには補強費用を惜しまない方針だという。

 メッツは今オフ、ストローマン、ワカの両先発右腕の移籍が確実。エース格シンダーガードが今年3月にトミー・ジョン手術を受けて来季は全休を強いられる。複数の米メディアによれば、メッツは田中をサイ・ヤング賞右腕のデグロムに次ぐローテの柱として補強の最有力候補にリストアップした。

 来季の田中の職場はヤンキースタジアムではなくシティフィールドか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング