コロナで1カ月の意識不明…「あんまん好き」の友人が復活!【スリムクラブ「僕らでもナンクルなりました」】

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年10月30日 9時26分

写真

スリムクラブ(C)日刊ゲンダイ

【スリムクラブ「僕らでもナンクルなりました」】#30

 内間です! 今日は非常にうれしいことがあったので、それを書きます。それは、友人のM氏がコロナから復活しました。半年ぶりの再会(うれし泣き)。

 強く抱きしめたかったのですが、念には念をでエア肘タッチ。入院中はガリガリに痩せてしまいましたが、今では頬もふっくらし、持ち味の二重顎が健在。彼は、50代男性でとても可愛らしい方です。

 以前、買ったばかりの自転車が“盗難”に遭い、仕方なくまた同じ自転車を買ったそうです。しかし買ったばかりの自転車でコンビニに行くと目の前になぜか盗まれたはずの自転車が……なぜ!? そこで彼が思い出したのは、先日、その自転車でここに来て、あまりにも買い物に夢中になり過ぎ、帰りはそのことを忘れてしまい、歩いて帰ったということ。

 2台の自転車に挟まれて持ち帰った彼は、今、同じ自転車2台持ち。隔週で乗り分けているそうです。前向き! でも人間の「思い込み」って怖いですね。僕も「思い込み」が強いです。

 僕の場合は、ある男性を泥棒扱いしました。コンビニのイートインスペースでご飯を済ませた後、財布がないことに気付きました。防犯カメラで調べると、ある男性が電子レンジの上に放置されていた僕の財布を持って、急ぎ足で店外へ。

 盗られた! 夢中で交番へ全力疾走しました。すると、向かいからあの男性が。そこで思わず、「おい!」と、叫んでしまいました。でも事実は財布を交番に届けてくれたそうです。仮に「おい!」と言うにしても、ノスタルジックで優しくサイモン&ガーファンクルのように言えたはずなのに。

 恥ずかしいので、可愛らしいM氏の話に戻ります。彼は焼き肉の後に、毎度「あんまん」を食べるのが好きです。以前、「あんまん」を求めコンビニに行っても、どこにも売ってなく、最終的には「肉まん」を食べていました。デザート感覚で食べていたんじゃないの!? 肉からの肉ですよ。そのことを彼に問うと、「正確に言うと生地目当て」らしい。そんな彼が入院中、1カ月意識不明でした。

 僕は、元気になったM氏と一緒にコンビニに同じ自転車2台で行き、中華まんをごちそうしたいと思います。彼は、「何まん」を頼むのでしょうか。

 皆さん、くれぐれもコロナにはご用心を。

▽スリムクラブ 真栄田賢(左)、内間政成(右)。ともに1976年、沖縄県生まれ。琉球大学在学中に知り合い97年にコンビ結成。「M―1グランプリ2010」で準優勝したことをきっかけに人気上昇。しかし19年6月、いわゆる「闇営業」問題で無期限謹慎処分に。同年8月に謹慎が解け活動再開、復活をかける。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング