1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

箱根駅伝の名物解説者・碓井哲雄さんを悼む 歯切れの良さにデータの裏付け【スポーツ時々放談】

日刊ゲンダイDIGITAL / 2021年9月18日 9時26分

写真

箱根駅伝の名物解説者だった碓井哲雄さん(提供写真)

【スポーツ時々放談】

 緊急事態宣言が延長また延長で自粛が続き、いつの間にか秋になりそうだ。本来なら大学駅伝の話題で賑わう頃である。

 現在のところ、10月10日の出雲駅伝を皮切りに23日に箱根駅伝の予選会、11月7日に全日本大学駅伝が実施されることになっているが、あくまで予定。昨年は中止された出雲は今年も慎重で、伊勢路を走る全日本も三重国体を中止しているだけに予断を許さない。箱根予選会は昨年同様、東京・立川の自衛隊駐屯地で無観客で実施の予定だ。

 駅伝は団体競技、すなわち“密”な種目。合宿での走り込みなど欠かせない準備があるが、授業すらオンラインでやっているときに大っぴらな活動は致しかね、クラスターが発生すれば出場どころではない。どこも隠密練習の知恵比べである。



箱根人気の陰の立役者

 箱根駅伝の名物解説者だった碓井哲雄さんが11日に亡くなった。79歳。1964年東京五輪の強化選手で、中大6連覇の最後の2大会のエース。陸連強化コーチとしてはバルセロナ五輪の森下広一のメダル取りにもかかわった。長年、箱根駅伝の解説を務め、偏らない視点と歯に衣着せぬ冷静な分析で長時間番組を支えた、箱根人気の陰の立役者だった。

 碓井さんとはずいぶん飲んだ。話し好きの人で、酔えば次々と駅伝やマラソンのエピソードが飛び出した。

 エリート一家の長男。お父さんは旧制小樽中学から一高、京都帝大でロシア語を学んだが、ありがちに生活力には欠けて、母方の祖母に世話になった。そこが東日本橋の料亭。客の「ひげの伊之助」行司の式守伊之助に可愛がられ、近くの力道山道場で遊び、高校時代は喧嘩ばかりしていた典型的な江戸っ子だ。

「どうにも勝てないヤツがいた。ずっと後にテレビを見ていたら、遠くへ行きたいとか歌って……ジェリー藤尾よ、あの人は喧嘩が強かったんだ」

 解説口調にも喧嘩っぱやいガキ大将の名残があった。中継中に「ばか野郎」「何言ってやがんだ」「てめえやってみろ」という言葉が出かかる。表情で分かるらしく、アナウンサーに机の下でつつかれると笑っていた。

「マネジャーに『おい、水!』なんて態度をとる学生はぶっ飛ばしたくなるよ。長距離はどこまで我慢するかが勝負だ。ギリギリまで我慢した選手はもっと謙虚になる」

 マラソンの選手組合をつくればいいとも言っていた。高校時代から大人に交じって駅伝を走り、争いながら強くなるという思いがあったのだ。奥さんがいなければ電気もつけられない人だったが、データ収集は入念で学生のあらゆる記録をエクセルに打ち込んで箱根駅伝に備えた。歯切れの良さはデータに裏打ちされたものだった。

「花の都には面白いことが多すぎる。オリンピックのマラソン代表に東京出身はいないんだよ」

 東京・町田出身の大迫傑をどう見たか、聞いてみたかった。箱根は貴重な人を亡くした。

(武田薫/スポーツライター)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング