1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

日刊ゲンダイDIGITAL / 2021年9月19日 9時26分

写真

フワちゃん(C)日刊ゲンダイ

 ユーチューバー芸人のフワちゃん(27)が14日発売の「フラッシュ」が報じた「嫌いな女性芸能人」ランキングの「視聴者が見たくない女性芸能人」で1位になった。同誌によれば大手広告代理店が毎年恒例で行っている調査で、フワちゃんが嫌われる理由として「タメ口も最初は心地よかったけど、キャラ自体が無理している感じでつらい」といった意見があがったという。

 フワちゃんはド派手な衣装に突き抜けたハイテンションと、大御所芸能人でも構わずタメ口で鋭いツッコミを入れるキャラクターが受け、バラエティーに引っ張りだこになった。ただ、当初から激しいガヤとタメ口に嫌悪感を示す視聴者も少なくなかった。

「今回のフラッシュに掲載されたコメントを読む限り、フワちゃんは嫌われているというよりも飽きられているという印象です。芸人としての賞味期限が切れつつあるということでしょう」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 これまでこりん星の小倉優子(37)やデビュー当初はタメ口でおバカキャラだった藤田ニコル(23)、ヤンキーキャラだったみちょぱ(22)ら、気がつけばキャラ変したり、ソフト路線に変更したことが功を奏している女性タレントは少なくない。フワちゃんの場合も、激しいガヤは当初こそ「あれは完全に素」と思われていたが、昨年11月に放送された「土曜プレミアム・まつもtoなかい~マッチングな夜~」(フジテレビ系)あたりから潮目が変わったようだ。元祖タメ口タレントのローラ(31)との天然タメ口対談で、“素”のローラに対し、“キャラ”のフワちゃんが食われた感じになった。

「ローラは全く空気を読まず、番組の制作意図も関係なし。彼女の塩対応にフワちゃんが困惑した表情を浮かべてなすすべがない様子に視聴者から多くの同情の声が寄せられました。と、同時に、フワちゃんのキャラの限界も視聴者は知ってしまったのかもしれません」(番組制作関係者)

■「頭の回転が速く、ツッコミも秀逸」

 果たしてフワちゃんに小倉優子やみちょぱのようなキャラ変は可能なのだろうか。

「フワちゃんは非常に頭の回転が速く、ツッコミも秀逸。そもそもタメ口が許されるのも、大御所の懐に入るのがうまいから。だからこそ事務所に所属せず、一人ですべてを切り盛りしているにもかかわらず番組から声がかかるのでしょう。バラエティー番組では基本的にいじられる側にいますが、フォローのタイミングも的確な印象です。恐らく情報番組のMCなどをやらせたら、しっかり番組を切り盛りできると思いますよ」(前出の弘世一紀氏)

 今年7月に「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演した際は、お笑いコンビ・ミキの亜生がフワちゃんの礼儀正しい一面を明かした。テレビ出演を続ける気があるなら目指すは近藤春菜(38)の路線かもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング