ワークチェアに迷ったらこれを選べ!人間工学に基づいた最高のイスBEST12

GIGAMEN / 2014年10月31日 7時0分

「人間工学」こう聞いて、自分たちの日常に何の関係があるのやら?と疑問に思う人も少なくないかもしれませんが実はそこからたくさんの恩恵を受けているもののひとつにオフィスチェアがあります。

一日中座りっぱなしでも辛くならないイス

職場であなたの日々の業務を文字通り支えているイスは、実は高機能なパソコンや休憩時に飲むコーヒーの質と同じくらい、いやそれ以上にあなたのパフォーマンスを十分に発揮させている大事な要素なのです。循環を促し快適で効率も上げるためにはイスにこだわるべき。

しかし実際のところは、どんなものを選べば良いのかわからない、というのが本音なのでは?そこで今回は、世界中のメーカーから厳選されたデザイン性、パフォーマンス性において最も優れた12のオフィスチェアをご紹介します。

1. HERMAN Miller アーロン・チェア
ハーマンミラーのためにビル・スタンフ、ドン・チャドウィックという有名デザイナーが手掛けたこのイスは、人間工学に基づいた究極のイスともいわれる逸品で、フォームベースのクッションを取り除き必要最低限のメッシュ生地によって構成された高パフォーマンスを支えるイスです。

ユーザーの体重と身長に基づいて設計され、3段階までの調節が可能。座高に合った最適な高さでの仕事は、今まで以上に捗るかも知れません。

gigamen_Best_Ergonomic_Office_Chairs
2. Humanscale フリーダム・ウィズ・ヘッドレスト
体全体を包み込むテキスタイルと、十分なクッション性をもったヘッドレストが、あなたの快適な姿勢をキープしてくれます。デザイナーのニールス・ディフリエントによって設計されたこの自由という名のイスは、なんと人口の95%にはマッチするように設計されているのだそう。

6段階に調節可能で、また座った状態での圧力の分散も完璧だといいます。あなたの体系がどのようなものであれ、十分にフィットし、ポジショニングに困ることはなさそうです。

gigamen_Best_Ergonomic_Office_Chairs01
3. Herman Miller エンボディ・チェア
これまで一般的には「長時間座っていることは体に悪い」とされてきましたが、元アーロン・チェアのデザイナーであるビル・スタンフ、ジェフ・ウェバーによって開発されたこのイスは、循環器系をサポートし、少しもガマンすることなく長く座っていられるイスだそう。

そのような健康面を重視した結果、最終的な構造は人間の背骨を模倣した骨組が重要であることがわかったそうで、背中や腰に影響を与える背面の骨組はまるでガイコツの背中のようになっています。

このイスが素晴らしいのはそんな機能面だけではなく、数々の賞を受賞しているその高いデザイン性にも及びます。

gigamen_Best_Ergonomic_Office_Chairs02
4. MUVMAN スツール
座って作業する人向けのイスなのに、こんなバーのようなイス?と疑問にも感じるでしょうが、研究室や工場など、長時間同じ場所に座っていない人であれば実はこのようにシンプルで可動性のあるスツールも重要な選択肢の一部といえます。

つまり、立ったり座ったりを繰り返している人にとっては、長時間の快適性よりも、「アクティブな動きがしやすいかどうか」という点にも注目すべきだということ。このスツールは、見た目のスタイリッシュさだけでなく圧力の軽減、循環を促進するための柔軟な座面を実現しています。

gigamen_Best_Ergonomic_Office_Chairs03
5. Herman Miller ミラ2
もともと発売されていた初代ミラから多くの改善が行われ、より人間工学に忠実に再現されたのがこのミラ2。最初は布張りのカバーだった背面は特殊なポリマー繊維へと変わりより柔軟になり、またそれらを支える背面の骨組みは背骨の動きを常に頑丈にサポートするよう設計されています。

余計な装飾もなくなったミラ2は、ミニマルでシンプルにデザイン性も向上しているといえます。

gigamen_Best_Ergonomic_Office_Chairs04
6. Steelcase ジェスチャー
ハーマンミラーのエンボディと同様に、ジェスチャーの機能は研究に使用された何千人もの座席位置データに基づいて最も快適な角度に設計されています。

最終的に搭載されたのは背面と座席の9つのモード。また肘掛けも人間工学に基づいたどの作業スタイルにも合うよう設計されており、人間の腕のように柔軟に動作するのだそう。シンプルな見た目のなかに驚きの機能を搭載したチェアといえます。

gigamen_Best_Ergonomic_Office_Chairs05
7. Knoll リミックス
今年2014年には人間工学のための賞、ゴールド賞を受賞した経験もある、洗練されたデザインと現代技術が見事に「リミックス」されたこちらのイス。派手なイエローのカラーリングとはうってかわって、弾力性のある背面や、よりカスタマイズ可能な座席の角度は繊細に機能します。

gigamen_Best_Ergonomic_Office_Chairs06
8. HUMANSCALE サドルシート
サドルシート、という名前が表現している通り、三角形のかたちが特徴的な座面は、MUVMANのスツールと同様に、長時間同じ場所に座っていない人に向けたイスといえるでしょう。自転車のような中央がふくらんだ形状は、腰を開いて快適に座れるように設計されています。

もちろん可動性の高い仕事でいえばオフィスだけでなく小売店や診察室、キオスク等での狭いスペースでの快適な作業にも最適です。

gigamen_Best_Ergonomic_Office_Chairs07
9. ALLSTEEL ミメオ
Knollのリミックスと同様、本年度のネオコンで人間工学に基づいた作品のためのシルバー賞を受賞しているミメオ。コストパフォーマンス性の高い最新デザインと3Dニットの背面フォームにより軽量で高いフィット性を実現しています。

どんなインテリアにも似合う汎用性の高いシンプルなデザインは、会議室にももちろんベストマッチ。

gigamen_Best_Ergonomic_Office_Chairs08
10. Haworth ゾディ
心身の健康というと、通常は温泉やマッサージなどに関連した言葉にも思えますが、アメリカ物理学協会に認定されたこのゾディは、骨盤のサポートや対称的な背骨の配置のために考えだされた健康をサポートするイスといえます。

独立した背面のサポート器具は、ユーザーひとりひとりに合った均等な骨格のバランスを支える、協会に認定されたポイントのひとつともなっています。またパッシブ骨盤サポートと呼ばれる、姿勢が自然なS字を描き、それを維持できるようにするためのパッドも搭載。

ひじ掛けやシートの深さ、リクライニングなど全ての面において調節が可能で、長時間の作業にも耐えられる設計となっています。

gigamen_Best_Ergonomic_Office_Chairs09
11. BIOFIT MVMT
人間工学に基づいた優れたアイデアのチェアカテゴリーにおいて本年度のベスト・イノベーションとしても選ばれたこちらのMVMT。イタリア・ミラノのスタジオで設計されたこちらは、3つの機種と9つの異なるオプションが提供されています。

重量を調整する単純なモードの変化は、驚くほどシンプルで快適な座り心地を実現しているそうです。

gigamen_Best_Ergonomic_Office_Chairs10
12. Herman Miller SAYL チェア
ダイナミックで近未来的な高いデザイン性をもつこちらは、自社での革新的なプロジェクトの一環として最先端の技術を用いて設計されました。恐らくこのイスのもっとも興味深い点は、背面の3Dサスペンションでしょう。

人間工学に基づいた屈曲があらゆる動きに最大限にフィットし、かつオフィスでの体の動きのメカニズムを最適にとらえています。

環境負荷が小さく、かつ少ない材料で科学的な作用も犠牲にすることなく高度なデザインに設計されたこちらは、現時点で世界最高のイスといえます。

gigamen_Best_Ergonomic_Office_Chairs11
いかがでしたか?機能性はもちろん、見た目にもこだわりたい人にオススメのオフィスチェアでした。座り心地は、思っている以上に作業効率に影響するものですよ。

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

トピックスRSS

ランキング