「アストンマーチン・ヴァンキッシュ」にカーボンエディション登場。

GIGAMEN / 2014年11月22日 7時0分

英国のスポーツカーメーカー、アストンマーチンは、パリモーターショー14にて、同車の「アストンマーチン・ヴァンキッシュ」の「カーボンエディション」を初公開した。

カーボンエディションは、すでに「DB9」に設定されており、今回「ヴァンキッシュ」にも拡大設定し、「パリモーターショー14」でワールドプレミアした。

gigamen_2015_Vanquish_Carbon_Edition01

カーボンエディションの装備内容は

特別装備の内容は、「DB9カーボンエディション」と同じく、サイドスカートなどに軽量なカーボンファイバー製パーツを使用し、プレステージ性を高めている。ボディカラーは、ブラックとホワイトの2色。ブラックを基調に、アクセントとなる色を追加したインテリア。

gigamen_2015_Vanquish_Carbon_Edition02

中味は2015年モデル「アストンマーチン・ヴァンキッシュ」と変わらず

10本スポークのエンジンを初めとした仕様やパフォーマンスは、ベースとなる8月に発表されたばかりの2015年モデル「アストンマーチン・ヴァンキッシュ」と変わらず、自然吸気の6.0リットルV型12気筒ガソリンエンジンに変更はない。

最大出力は576ps、最大トルクは64.2kgmを発生。トランスミッションは、「タッチトロニック3」と呼ばれるZF社との共同開発で生まれた小型軽量の8速AT。動力性能は、0‐96km/h加速3.6秒、最高速322km/hのパフォーマンスを実現している。

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

トピックスRSS

ランキング