ヘッドホンの買い替えを考えてるなら参考にして!オススメ10選

GIGAMEN / 2014年11月23日 7時0分

さて、今年も残すところ約1か月ほど。来年に向けて手帳などの新調を考えている人の中には、ガジェット類や周辺アクセサリも買い替えようとしている人も少なくないのでは?

そこで今回はスマホやタブレットの携帯に欠かせないオススメ最新ヘッドホンの10選をお届け!この時期の購入の参考となれば幸いです。

1.Bose QC25 Noise-Canceling Headphones

価格およそ3万5000円。ドイツが誇るオーディオメーカー「Bose」からのこちらのヘッドホンは、画期的なノイズの遮断を実現しています。強力な低温とシャープな高温に加え、よりダイナミックなパッシブモードも搭載。飛行機の搭乗には欠かせない相棒となるでしょう。

gigamen_10_Best_Headphones

2.V-Moda XS

サイズこそ小さいものの、オーディオスコープは大きく、かつ斬新なデザインが目を惹くこちらの「XS」。アメリカのメーカーV-MODA社製で、オーディオの性能、快適さともに優れています。高温に強く、鮮やかに音を再現します。価格およそ2万5000円

gigamen_10_Best_Headphones02

3.Plantronics BackBeat Fit Wireless

人間工学に基づいて設計された計量でコンパクトなデザインが特徴のインナーイヤー型ワイヤレスヘッドホン。ワイヤレスなため煩わしさもなく、また軽い付け心地は装着していることも忘れてしそうなほど。

20°回転するというイヤーチップはアクティブな動きにもフィットし、また低音の品質にも一定の評価を得ています。価格もおよそ1万5000円とかなりお手頃。

gigamen_10_Best_Headphones03

4.Monster DNA Pro 2.0

モンスターからの最新ヘッドホンがこの「DNA Pro 2.0」。それまでのDNAからデザインと音響に微調整が加えられ、より多くのジャンルにわたって最適な音質となっています。

さらにこのヘッドホンの最大の特徴であり強みは、付属している専用のアプリケーションによって好みの段階にカスタマイズ・調整できるという点。価格およそ3万5000円。

gigamen_10_Best_Headphones04

5.SHURE SRH145

このリストの中で最もお財布に優しい金額のヘッドホン。しかし提供する音の質は値段とは反比例し、高度なノイズ分離とパワフルな低温はこの価格帯での最高クラスだともレビューされています。イヤーカップとヘッドバンドは調節可能で、快適なフィット感をもたらします。価格およそ5000円。

gigamen_10_Best_Headphones05

6.NOCS NS500 Aluminum Earphones

北欧スウェーデンで誕生したオーディオメーカー「Nocs」の最新イヤホン。このリスト上では数少ないイヤホンではありますが、他のヘッドホンメーカーからも注目されているのはその高いデザイン性と素晴らしいサウンドにあります。

あらゆる角度から十分に行き届いた機能性は低音から高音まで忠実に再現し、またアルミ製なため軽量で携帯性にも優れた商品です。価格およそ1万円。

gigamen_10_Best_Headphones06

7.Sennheiser Urbanite

「都会の人」と名付けられたこちらは、バンドのデニム風デザインがオシャレなデザイン。しかし驚くのはデザインだけではなく、低音のバランス性にこそ圧巻するでしょう。頑丈な設計で壊れにくいのも特徴です。価格およそ2万4000円。

gigamen_10_Best_Headphones07

8.Samsung Level Over Wireless Headphones

スマートフォンでお馴染みのサムスンからこの度発売されたのがこの高級感あふれるワイヤレスヘッドホン。彼らの高い技術はオーディオ分野においても発揮されており、フレーム全体を覆う豪華なフェイクレザーとメタルのアクセントはかなりファッショナブルで、もちろん機能も充実しています。

ノイズキャンセルはもちろん、この価格帯での音質で比べても他の専門メーカーに引けを取りません。ギャラクシーファンにもオススメのアイテムです。価格およそ2万円。

gigamen_10_Best_Headphones09

9.Monster iSport Victory In-Ear

快適なフィット性、サウンドの明瞭性、および汗にも強い点でイヤホンとしてはかなりの完成度となっているこちら。スポーツビクトリーという商品名でもわかるとおり、スポーツやトレーニング時にはこの上ない相棒となることでしょう。

またマイクと専用キャリングケースもついており、スポーツ時以外でも十分その機能を発揮してくれることでしょう。価格およそ1万8000円。

gigamen_10_Best_Headphones09

10.Beats Solo 2

やはり近年の一台ブームである「Beats」への憧れと信頼は一定のものがあります。オシャレでスポーティーなデザイン性だけでなく、その驚くべき低音にこそ人気の秘訣が隠されています。

歪みのないクリアな音、ブーストできる低音など、前作とは確実に差をつけている「Solo2」。全ての音楽ファンが今一番気になるギアともいえるでしょう。価格およそ2万4000円。

gigamen_10_Best_Headphones10

いかがでしたか?デザイン性や音質、さらには価格も様々で、どれを買おうか余計迷ってしまったかも知れません。しかしひとつだけ言えるとしたら、どれを買ってもハズレはない、ということでしょうか。お気に入りの相棒を見つけて、素敵な冬にしてみては。

参照元: Evolve

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

トピックスRSS

ランキング