「シビック・タイプ R」歴代最速だけど日本じゃ手に入らない。

GIGAMEN / 2014年10月12日 7時0分

10月2日にフランスで開幕した「パリモーターショー14」において、ホンダは「シビック・タイプRコンセプト(Civic Type R Concept)」の最新バージョンを披露しました。シビック・タイプRコンセプトは3月の「ジュネーブショー14」ですでに公開しているが、2015年の市販化に向けて開発を進めている。

gigamen_Civic_Type_R_Concept01

デザインコンセプトからさらに進化させた中身

シビック・タイプRコンセプトは、走行性能の向上を目的とした新機能を装備させており、標準モードでも機敏な走りで、スポーツタイプとして満足する性能を発揮するが、新開発の「+R」モードはステアリングにあるスイッチを押すことにより、エンジン設定が強いトルク特性になり、パフォーマンスを向上させる。

さらに、アダプティブダンパーシステムにより、サスペンションのセッティングもよりスポーティー走行向けになり、本物のスポーツ走行を可能にする。

gigamen_Civic_Type_R_Concept02

歴代最速

ホンダは、「NSX」をはじめ「アコード」「インテグラ」そして「シビック」の歴代「タイプR」よりもパフォーマンスは高いレベルにあるとし、最速の性能を持つという。そエンジン性能に関しては、新開発の直噴2.0L「i-VTEC」をターボ過給、最大出力は280psということだけしか公表されていない。

シビック・タイプRコンセプトをベースとしたこのホットハッチの発売は2015年なので、間もなくだが、日本での発売予定は予定されていないようだ。・・・残念!

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

トピックスRSS

ランキング