【TIF2020】BEYOOOOONDS、ユニット3組それぞれの個性炸裂!ユニークな構成で楽しませた初回ステージ

GirlsNews / 2020年10月3日 14時11分

CHICA#TETSU

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・BEYOOOOONDSが2日、TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン2020に出演。初回となるSMILE GARDENでのステージでは、グループ内の3ユニット“雨ノ森 川海”“CHICA#TETSU”、そしてオーディション出身組3人に分かれてのパフォーマンスするという、レアなステージを見せた。

3月の「ひなフェス」以来というBEYOOOOONDSのライブ。その「ひなフェス」で着ていた衣装をアレンジした初お披露目の衣装でステージに登場した。まずトップバッターで登場した雨ノ森 川海は 『GIRL ZONE』から。高瀬くるみさん、前田こころさん、山崎夢羽さん、岡村美波さん、清野桃々姫さん、キリッとした表情の5人が、クールかつ力強いパフォーマンスを見せた。終盤には『そこらのやつとは同じにされたくない』を熱唱。

一方、一岡伶奈さん、島倉りかさん、西田汐里さん、江口紗耶さん、CHICA#TETSUの4人は王道のアイドルテイストで可憐にパフォーマンス。『高輪ゲートウェイ駅ができる頃には』、そしてTikTokでも人気の『都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて』を披露した。

そして平井美葉さん、小林萌花さん、里吉うたのさんのオーディション出身3人組は、オーディションの課題曲となった思い出の曲『46億年LOVE』(アンジュルム)をキレのいいパフォーマンスで魅せたほか、彼女たちの等身大のエピソードを組曲仕立てで描いた『We Need a Name!』を、ときにコミカルに、まるでミュージカルのようにパフォーマンスした。

雨ノ森 川海、CHICA#TETSU、オーディション組、そして再びCHICA#TETSU、最後は、雨ノ森 川海、とユニットが順次クロスして登場する構成で、観るものを画面に釘付けにした楽しい30分間となった。

なお夜に行われたHOT STAGEでのライブでは一転、12人全員での楽曲を披露。デビューシングルから『眼鏡の男の子』をはじめ勢いたっぷりのステージを繰り広げた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング