黒ニットを「週3」で着るなら?|ON・OFF使えるアイディアソース

GISELe / 2021年1月5日 17時0分

「あの手この手に」黒ニット

軸におくことで、あらゆる配色やデザインも簡単に仕上げる黒ニットの底力。試したいを引き寄せ、さらに黒自体もかわいく変わっていく、黒ニットでうまくいく多彩なアイディアをご紹介。
※コーディネート写真は過去のGISELeで紹介したものです。

すべてのスタイリングを【画像一覧】で見る


黒ニットであの日・この日の分布図
たとえば、黒ニットを週3で着るなら? ONとOFFの日を基準にテイストを3つに分けて気分やTPOでスタイリングを楽しめるのも受け止め幅の広い黒ならでは。


HONDSOME
WEEKDAY

「エッジィな服を直球でスマートに」
直線的なシルエットや、派手な色など、緊張感のあるものを黒ニットで「きちんとモード」に仕上げて。ムダのない、シンプルな黒タートルを生かせば「ハズし」すぎる心配も不要。


WEEKEND

「黒ニット自体をビックサイズに変更」
ONとはうってかわって、黒ニットをゆるいサイジングにシフト。隙のあるフォルムに変えることで、きちんとしたボトムも「ちょうどいい」カジュアルぐらいで着こなせる。


FEMININE
WEEKDAY

「くすんだスカートと品よく”淑女”に」
グレーやベージュのあいまいな色のスカートに黒ニットで適度な強さをON。やわらかさとタフさをそなえた、気高くLADYな装いは、好感度の高さ抜群。


WEEKEND

「甘い柄やガーリーなデザインでリラックス」
花柄やドットスカートなどかわいいものを試すときも、シックにまとまる黒ニットと合わせるのが最適。ニットのやさしい風合いがあることで、上品にまとまる。


CASUAL
WEEKDAY

「キレイめな服でぶかっと長く」
黒ニット+キレイな服を、ゆるっとしたサイズ感でとり込み適度にカジュアルダウン。黒の緊張感のある色によって、ずるっとしたシルエットでもすっきり見える。


WEEKEND

「アクティブな服と品よく心地よく」
ともすると幼くなりがちなアクティブなアイテムは、しっとりとした黒となら落ち着いた印象に。おかげでスニーカーなど、スポーティなものも「大人のハズし」に。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング