1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

「適当に着て上品」:シャツアウターは「白っぽい色」を基準にする

GISELe / 2021年10月18日 19時37分

カーディガン以上・コート未満の選択肢

秋と冬の間をつなぎ、冬からもコートの中に仕込んで活躍する。シャツジャケットは新しさだけでなく「万能さ」も持ち合わせた、薄軽アウターの新戦力の1つ。暖かくもトップス感覚で過ごせて、膨張もして見えない。キレイめコーディネートに1点入れるだけでほどよいカジュアル感もそなわる、優秀タイプを厳選。


トップス感覚のまま冬へ移行
【ニュアンスカラーのシャツアウター】
□形は見慣れたシャツタイプ。密度の高いウール素材で防寒面もしっかり。
□見た目がカジュアルなぶん、色みは品のある「白っぽさ」に絞ってセレクト。


細身ボトムとのギャップが生きる
丸みのあるボリュームスリーブ

ライトグレーCPOビッグジャケット 26,400円/emmi atelier(エミ ニュウマン新宿店) 白シャツ 28,600円/nagonstans 黒レギンス 1,499円/H&M(H&M カスタマーサービス) 黒バッグ 29,700円/ヴィオラドーロ(シップス 有楽町店) 黒アンクルストラップつきパンプス 38,500円/FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店) プレーンな白シャツをINして重みをカット。



レイヤードに軽さを生むスリット入り
1.オフ白メルトンCPOシャツ 6,930円/ビームスドット(ビームス 公式オンラインショップ) メンズライクなBOXシルエット。小さなスリットが隙に。



あいまい色をぼやけさせないBIGポケット
2.グレージュショートコート 79,200円/UJOH(M) 角張ったポケットが、ミルキーなウールシャツを甘く見せない。シルバーのスナップボタンつき。



装いに立体感をもたらすふっくらとした風合い
3.白CPOシャツジャケット 28,600円/ボッシュ やや厚手のウール素材。そでをロールアップするなど、アレンジによって厚みのよさが生きてくる。



ブラウジングしてウエストに変化を
4.モカワークシャツジャケット 61,600円/JOHN SMEDLEY(リーミルズ エージェンシー) ウールシャツには珍しい、ブラウジングもできる仕様。


☐もっと寒くなってきたら
ボリュームニットを中に入れて
余白のあるウールシャツなら、ネックラインなどにボリュームのあるニットとの合わせも着膨れせずまとめやすい。仕上げはシャープなパンツで切れ味よく。

(1.のシャツアウターを使用)オフ白メルトンCPOシャツ 6,930円/ビームス ドット(ビームス 公式オンラインショップ) 白ハイネックニット 3,999円/H&M(H&M カスタマーサービス) 肩にかけた茶バルーンスリーブニット 49,500円/ラシュモン(アぺリア) ベルトつきキャメルパンツ 41,800円/ラム・シェ(ブランドニュース) クリームショートブーツ 19,690円/A de Vivre 肩がけニットは保温性に加えて目線を上げてくれる効果もあり。


≫新着のアウターをもっと見る

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング