低価格なHomePod出る説、さらに濃厚に。現行モデルの販売不調をうけて

GIZMODO / 2018年4月16日 8時30分

180415_low_price_homepod_plan_april Image: Apple

嬉しいんだか、悲しいんだか。

販売不調や生産数のカットなど、先日からあまりいい噂を聞かないApple(アップル)製スマートスピーカー「HomePod」。Appleはこの販売不調をうけて、やはり廉価版HomePodの投入を計画しているというのです。

Apple関連予測で定評のあるKGI証券アナリストのミンチー・クオ氏によれば、2018年全体におけるHomePodの売り上げは200万〜250万台にしか到達しないと報告しています。これは、年内に1000万台程度、という他のアナリストの報告に比べてかなり悲観的なもの。その対策として、Appleは349ドルのHomePodよりも安い、新しいHomePodの投入を計画しているというのです。

廉価版HomePodの報告はクオ氏だけでなく、以前よりRosenblatt証券アナリストのJun Zhang氏や経済日報からもあがっていました。それによると、廉価版HomePodは、2018年後半に150ドル〜200ドル(約1万6000円〜2万1000円)で登場するそうです。ライバルとなるGoogle Homeは1万5120 円、Amazon Echoが1万1980円ですから、これくらいの値段なら食指が動く…という方も多いのではないでしょうか?

HomePodは現在、アメリカ、イギリス、オーストラリアで販売され、近日中にフランスやドイツでの販売も予定されています。ところが日本では年内投入も難しいというのが現状の噂。もし本当に2018年中に廉価版HomePodが出るなら、また私たちは指をくわえて眺めることになりそうです。

なんと、HomePodの年内の国内販売は難しいかも…? ええ、まだ4月なのに…。今年2月にまずアメリカやイギリス、オーストラリアで販売が開始されたApple(アップル)のスマートスピーカー「HomePo... https://www.gizmodo.jp/2018/04/homepod-sell-japan.html


Image: Apple
Source: 9to5Mac

(塚本直樹)

ギズモードジャパン

トピックスRSS

ランキング