人間用のダイエット・サプリが蚊の食欲も抑制するかも!?

GIZMODO / 2019年3月19日 19時0分

190318_mosquitoes Image: mycteria/Shutterstock.com

夏まで、あと3カ月。ボディが夏仕様になっているか?も気になるけど、夏といえば、デング熱やマラリアをまき散らす蚊の問題も気になるところですよね…。

そんな夏を目前に、一石二鳥?な研究結果が発表されました。人間の食欲を抑制するダイエットサプリが「蚊」にも効果があるかもしれない!という研究結果が学術情報誌「Cell(セル)」で発表されたのです。

研究によると、人間用のダイエットサプリが、蚊の食欲も抑制する可能性があるとのこと。つまり、人々が蚊に刺されなくなり、マラリア、デング熱、ジカウイルスのまん延も防ぐことが出来るようになるということなのです。

人間に作用するなら、蚊にも作用するはず

この研究の著者Leslie B Vosshallさんとロックフェラー大学のニューヨークキャンパスにある彼女のチームは、彼女が思いついた型にはまらない仮説を明らかなものにしました。VosshallさんはGizmodo USに以下のように話てくれました。

人間の血液を大量に摂取した蚊は、だいたい4日ほど食欲を失い、人間の血を欲っさなくなることは長らく知られていたことなんです。私は、どうしてそうなるのか解明すること、そして、人工的にその状況を作り出す方法を見つけることに魅了されているんです。

Vosshallさんのチームは、進化論的な観点からすると人は生命の基本的な存在ですから、その人間の分子にダイエットサプリが作用するなら、蚊に同じような作用をおこさせることが可能なのではないか?という仮説をたてたのです。「本当にバカげたアイディアかもしれませんが、信頼の飛躍のようなものなんです」と彼女は言いました。

どうやって、食欲を抑制するかというと、NPY(ニューロペプチドY)という食欲を刺激し体重を増やす作用のある体内の受容体をゼロ化するようです。ただ、科学者たちが、そのNPYがどう満腹感や摂食行動に影響すると考えているのかは、はっきり分かっているわけではありません。

その理論をテストするのに、研究者たちはジカ熱を含む多くの蚊媒介性の病気をまん延させる可能性のある「ネッタイシマカ」を使って研究しました。実験では、人間の体内にあるY2と呼ばれる受容体をターゲットにした薬をネッタイシマカに投与。その結果、蚊の中にあるNPY風の「NPYLR7」という受容体に影響があることを発見しました。その研究結果を確かなものにするため、彼らはNPYLR7受容体が機能しない蚊を繁殖させ、同様のダイエットサプリを与えたところ、食欲減退効果が薄れたようです。

Vosshallさんによれば、テストは人間には効かず蚊だけに効果のある薬を開発することがゴールなんだとか。間違って人間に何か影響を及ぼしてしまっては困りますからね。

さらに研究チームは、何十万もの分子をテストし、NPYLR7と相互作用できつつ蚊以外の受容体には作用しない一つの化合物を発見しました。この化合物は、遺伝子からくるタンパク質を活性化することで、2~3日は蚊が血を欲しないようにする効果があったとのこと。勿論、NPYLR7を持たない蚊には効果がありませんでした。

たった2~3日の間かぁと思うかもしれませんが、それだけ短期間でもジカ熱、デング熱、チクングンヤ熱などの病気の感染を減らすことができるのって、本当に重要なことなんですとVosshallさんは言います。

エコシステムへの悪影響を軽減させることができる

殺虫剤を使わず、病気を媒介する蚊を減らす新薬を開発しようとしているのはVosshallさんたちだけではありません。もっと過激な方法を検討している人達も。たとえば、雄の蚊を断種し、それを野に放ちメスと交配させると卵は不妊化されるという方法。Vosshallさんの方法は、そういった過激な方法から考えられるエコシステムへの悪影響を軽減させることができると考えられます。

とはいえ、このダイエットサプリで蚊を根絶させられるわけではありません。自然はもっと賢いですから。なので、一つのアプローチ方法だけでなく、複数のアイディアを融合させることで蚊の行動を支配していく方法を考えていけたらとVosshallさんは考えているようです。

Vosshallさんのチームの次のステップは、蚊の空腹感、人の匂いを嗅ぐ能力など、蚊の基礎研究を行ない、蚊の食欲を抑制するメカニズムを探ること。そして、より効果があり、長持ちする薬をみつけ、その薬を蚊たちに与える最高の方法を見つける必要があるのです。

地球上で最も人間の命を奪っている生き物だと言われている「蚊」。ビル・ゲイツも数年前「蚊週間」を設定して蚊の恐ろしさを訴えたりしていましたよね。蚊としては生きるために血を吸っているだけですが… 病気を媒介するのは困りもの。

Vosshallさん達の頑張りで、遠くない未来にジカ熱、デング熱の恐怖から解放される夏が訪れるかも!?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング