クラブでブギウギ中のビル・ゲイツが激写される

GIZMODO / 2019年4月23日 23時0分

bill-boogie-down Image: TMZ/YouTube

いいじゃないか、好きに踊らせてやってくれい。ビリオネアだって踊るのよ。

先週はビル・ゲイツ氏が掲げる「Mosquito Week」(蚊週間)でした。蚊は(病原体を媒介して)年間75万人もの人を死に至らしめていて、サメ、オオカミ、ライオンよりはるかに危険だ...という蚊の恐ろしさを知らせるためのMosquito Week。それが終わったお祝いなのかゲイツ氏、マイアミのクラブで楽しそうに踊っている姿がTMZによって捉えられています。

ニッキー・ミナージュの『No Frauds』とワカ・フロッカ・フレイムの『Grove St. Party』で踊るゲイツ氏ですね。

友人何人かで夜11時ごろクラブに到着し、日をまたいで4月20日の1時ごろまでブギウギ楽しんでいたそうです。うむ、いいじゃないですか。娘さんの馬術大会があってマイアミに来ていたそうです。ゲイツ氏のダンスムーブはと言いますと、Windows95の発表の時と同じ感じだったそうです。(ほっといてやれー!)

4月20日は「マリファナの日」とされていて、アメリカではワイワイする日なのですが、ゲイツ氏がかわいいダンスムーブで楽しんだ夜も4月20日でした。いいじゃないの、中年だって、ビリオネアだって踊るってば。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング