ダイソン好きの人に言いたい。紙パック&キャニスター型掃除機のミーレをご存知ですか?

GIZMODO / 2019年7月3日 22時0分

190627bagvacuum Photo: Alex Cranz (Gizmodo)

使われ続ける理由があるってこと。

掃除機、何使ってますか? 私はDyson(ダイソン)。もうここ6年ほどずっとDyson。ワイヤレス掃除機に慣れ、パカっと開けてゴミを捨てるのに慣れると、もうこれ以外考えられません。

が、なくならないガジェットには、それなりの魅力があるもので。ロボット掃除機含め、新しいスタイルの掃除機が次々とでてくるなか、昔ながらの紙パック式に魅せられる人もいるのです。

米Gizmodo編集部のアレックスもそんな1人。それでは聞いてください、アレックスの掃除機トーク。ドイツの掃除機メーカーMiele(ミーレ)を知っていますか?

テクノロジーが好きです。テクノロジーは、私たちを未来へと導き、いつの日か映画や小説で見たユートピアのような世界を見せてくれるかもしれないから。テクノロジーは、私たちの生活をより便利、快適にしてくれるはずだから。はず…。でも、必ずしも常にそうとは言い切れませんよね? 私が、ここで例に挙げたいのは掃除機。

最近の掃除機は手間がかかりすぎ

掃除機は、目を見張るテクノロジが詰まったモノの1つだと思います。が、正直、より複雑で改悪してると感じることありませんか? いや、もちろん初めてDysonの掃除機を見たときは興奮したし、うちの弟は初めて車を買ったときみたいな気分で、大枚叩いてDysonを買ってました。編集部の同僚たちも、新しい機種が出るたびに大騒ぎしています。コードも紙パックフィルターもいらない!サイコーだ!って。

…私の意見は逆ですね。コードにも意味がある! 紙パックにも良さがある! 紙パックなしの掃除機のゴミ、捨てたことありますか? あんなイライラする作業はありませんよ。パカっと開ければホコリがムワッと舞う。ゴミ袋の底で開けない限り、ゴミ箱周辺を掃除しなおすことになりますもん。さらに、髪の毛なんかはまとわりついてひっかかって、これを取るのは一苦労。ペットを飼っている人なら、なおさら大変です。そう言えばルームメイトで1人いましたよ。掃除機のゴミ捨て作業がキモすぎて嫌すぎて、あれこれ言い訳して絶対しない人が。

でも、コードレスは便利でしょ? …うーん。Dyson V6使ってましたけど、しばらくはいいけど、結局バッテリー交換でプラス35ドル払わなきゃ、使い勝手悪くなりますし。もちろん、V11では馬力、バッテリー持ち、ゴミ捨ての簡単さなど改良されてはいるようですけれど。

ちなみに、編集部の中だとアダムとアンドリューが700ドルのDyson V11の大ファン。軽くて、扱いやすくて、パワフルだと絶賛です。ただ、彼らと私の住環境の大きな違いは、私は埃アレルギーで、体重74パウンド(およそ33.5kg)のラブラトール・レトリバー飼ってて、おまけにルームメイトは猫2匹飼っているということ。彼らが絶賛したDyson記事で、いつも対抗馬としてコメント欄に必ず名前が挙がる掃除機メーカーがあるの知ってますか? それは、Miele。

とにかくパワフルで充電切れの心配なし

Mieleは、1930年代から掃除機を作り続けるドイツの老舗メーカー。初のキャニスタ型掃除機を開発したメーカーでもあり、現代でも紙パック型掃除機を販売する数少ない会社の1つです。Miele掃除機で、Dyson V11の対抗馬となるのはMiele Complete C3。価格も同じ700ドル。コードレスじゃないし、重さも1キロ弱多い(V11が約3キロ、Complete C3は約4キロ)。でも、Dysonよりも約4リットルも多くゴミを内部に蓄えられます。

190627bagvacuum01 Photo: Alex Cranz (Gizmodo)

コメントに必ず登場するMiele、試さずにはいられません。紙パックなし&コードレスがウリのDysonと比べてどうなのか…。Mieleを使い始めて3ヶ月、何も不便はありません。

そりゃ、階段を登り降りするのは面倒ですよ。キャニスター掃除機ですから、バキューム部分と本体がホースで繋がってますから、私の後ろを本体がコロコロついて回るわけで階段は面倒ですよ。階段が多い家に住んでいれば、不便に感じるかもしれません。しかしその分、持ち手が軽く高いところが掃除しやすいという利点があります。プラス、ホース連携で操作性が高いため、家具の後ろやベッド下、コーナリングも扱いやすい。

充電を心配する必要なし。だって、コードレスじゃないもん。コンセントが繋がってるもの。おかげで吸引力も非常にパワフル。V11が185ワットなのに対し、Complete C3はなんと1100ワット! 我が家に散らばるペットの毛も、細かいゴミもなんのその。ぐいっぐい吸い込みます。無くしたと思ってた靴下まで家具の下から救出してくれました。この吸引力、ペットが掃除機を怖がるのも無理ないですね。何よりも、掃除機のタスクの中で私が1番嫌いなゴミを捨てるという作業が、めちゃくちゃ簡単!

ゴミ捨てだって1ヶ月に1回もいらない

ただ、ペットの毛含む細かいゴミはそんなにないという人ならば、Mieleの良さを実感することはないかもしれません。Dysonのパワーで十分、むしろそれくらいの方が助かるという人もいるでしょう。Dysonくらいの吸引力なら、ラグのはしっこのピラピラとか吸い込んでもすぐとれるでしょうし。

でもね、同じ掃除をするにしても、Dysonの方が圧倒的に時間がかかりますよ。吸引力だけでなく、内部にどれだけゴミを貯めておけるかがその理由。たとえば、1週間の掃除で、うちのv6なら4、5回ゴミ捨てしなければなりません。Mieleなら、1ヶ月半で1回紙パックを変える程度。パックごと引き抜いてポイ、新しいのをつけて終わり。埃が舞い散ることも、ゴミ箱周りを掃除しなおす必要もなし。

190627bagvacuum02 Photo: Alex Cranz (Gizmodo)

従来のコーヒーメーカーと、カプセルタイプのコーヒーメーカーはどちらがいいかという対立トークをよく耳にしますが、私は言いたいですね。そんなことより、従来の紙パック&キャニスタ型掃除機 VS. ワイヤレススティック型掃除機の話をもっとしようよ、と。

3ヶ月Mieleを使った結果、もう私は「昔の生活」には戻れません。コードレスの良さを説かれても、より家が綺麗になった今の暮らしを手放すなんて無理。紙パック&キャニスタ型のMiele万歳です。

結局さ、使う人の住環境しだいですよね。なんなら、ほうきとはたきが1番って人もいるでしょうし。でも、アレックスと同じくペットを飼っている人なら覚えておいて損はないかも。Mieleという存在を。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング