Bluetooth対応コーヒーメーカーがあればあなたも有名バリスタになれる!

GIZMODO / 2019年7月17日 16時0分

190716Samantha-01_1280 Image: HARIO

この一杯に魂を込めろ!

もう20年くらい前、急にコーヒーに目覚め、自宅にコーヒーミルやコーヒーメーカーを買って淹れていたことがあるんですよ。モカが好きで、よく飲んでました。

コーヒーを淹れるといっても、そのこだわりは人それぞれ。お湯の注ぎ方、豆の挽き方、お湯の温度、蒸らし時間などなど、こだわりポイントはたくさんあります。どれが正解ってわけではないようですが、自分の好みに合った方法を見つけるのも楽しいですよね。

HARIOから発売されている「V60オートプアオーバーSmartQ サマンサ」は、Bluetoothに対応したコーヒーメーカー。コーヒーメーカーがBluetoothに対応するとどんなことができるのかというと、スマホと連携して、自分の抽出方法をレシピとして保存し、それをインターネット上に保存・共有することができます。

保存できる設定は、湯温、湯量、スピード。レシピは4つまで保存可能です。レシピ作成方法は、それぞれを数値設定する方法と、スマホから手動で直感的に操作するバリスタモードがあります。レシピを保存しておけば「すげえうまいコーヒーできた!」という感動を何回も味わえるというわけ。

また、ほかのユーザーのレシピをダウンロードして再現することも可能。もしかしたら有名バリスタのレシピもあるかもしれませんね。

本体には1,100mlのウォータータンクを搭載。熱湯を注ぐことも可能なので、連続してコーヒーを淹れることも可能です。

とうとうコーヒーの世界にもIoTの波がやってきました。世界中の人のコーヒーレシピを参考に、自分だけのオリジナルレシピ開発が捗っちゃいますね。

お値段は12万円。え? 12万円!

Source: HARIO via 価格.com

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング