生まれも見た目も植物。植物由来のサスティナブル素材を使ったレゴのツリーハウスが発売

GIZMODO / 2019年7月28日 15時0分

190725legotreehouse_01 Image: LEGO

目にも地球にも優しいの。

レゴは持続可能なサスティナブル素材として。サトウキビ由来ポリエチレン製のレゴブロックを開発しています。すでにサスティナブル素材を使ったキットも販売されているのですが、今回新たに「21318 ツリーハウス」が登場しました。

ピース数は3,036個。LEGOアイデアシリーズの2018年第1回製品化検討レビューにて製品化が決まったキットで、アイデアシリーズとしては最多ピース数になるとか。ツリーハウスを冠するレゴキットはいくつかあるけど、こちらはかなりリアルめ。

このうち、緑葉や紅葉のブロックはサトウキビからできています。レゴは2030年までには主製品のほとんどをサスティナブル素材に代替すると宣言しており、こうしたキットの誕生はそのマイルストーンです。ピース数からするとサトウキビ製ブロックの割合はわずかですが、すべてのブロックを植物由来にするのはまだまだ難しいのかもしれませんね。

190725legotreehouse_02 Image: LEGO

キットには4人の家族や鳥のミニフィグなども付属。木目の色味もシックですし、オトナ映えするレゴって感じがしません? 価格は199.99ドル(約2万1620円)で、2019年8月1日(木)から発売予定。

Source: LEGO Shop, YouTube

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング