1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

フランス製eバイク「WhaTTfornow」、ベルト&チェーンのダブル変速機で3秒以内に25km/hに達する

GIZMODO / 2021年2月27日 18時0分

210224_whatt Image: whaTTfornow

チェーンとベルトを併用する面白eバイクです。

一風変わったフレームが目を引き、デュアル・トランスミッションを搭載したフランスの電動アシスト自転車whaTTfornow。そのパワーは最大190Nmのトルクで、たった3秒足らずにして最高時速25kmへと加速します。

この自転車はハンドルバーにて3種類のモード変更ができ、アシストなしのモードでも普通に乗ることが可能です。本来のサイクリングの楽しさも、ちゃんと味わえるようこだわって作られました。

この投稿をInstagramで見る

WhaTTfornow(@whattfornow)がシェアした投稿

デュアル・トランスミッション

ペダルにあるドライブ・スプロケットからチェーンが伸びるのとは別に、モーターからはベルトが伸び、大きな歯車を回します。これがデュアル・トランスミッションと呼ばれ、アシストの有無がシームレスに行われます。

210224_whatt3 Image: whaTTfornow

そしてモーターからシートまで上に伸びる幅広いチューブには、着脱式の192Whバッテリーが収納されます。車体の中央に重たい充電池が来るので安定感があるだけでなく、シート高はちゃんと調節可能となっています。

この投稿をInstagramで見る

WhaTTfornow(@whattfornow)がシェアした投稿

車種は3種類

whaTTfornowは、現在3タイプの車種を作っています。フレームは全車種アルミ製で、ひとつは街乗り用でカーボン製フォークを搭載し、車重16.5kg、トルクが160Nmの「TT Messenger」で3,600ユーロ(約46万円)。

この投稿をInstagramで見る

WhaTTfornow(@whattfornow)がシェアした投稿

そしてトルクが190Nmで野山を駆け抜けるMTBタイプだと、内蔵スプリングで伸縮する120mmフォークが装備された、重さ17kg、4,290ユーロ(約55万円)の「TT Player」。

この投稿をInstagramで見る

WhaTTfornow(@whattfornow)がシェアした投稿

また街でも野山でも快適に乗られる「TT Crossroad」だと、160Nmで重さ18,5Kg、140mmフォークを装備した3,990ユーロ(約51万円)となっています。

この投稿をInstagramで見る

WhaTTfornow(@whattfornow)がシェアした投稿

これまでだと、チェーンかベルトかどっちかしかありませんでしたが、基本はチェーンなのにベルトでアシストするのが斬新ですね。今後もこうした方式のeバイクは出てくるでしょうか?

Source: YouTube, Instagram via whaTTfornow via designboom

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング