1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

繋ぐとiPhoneがバグるぞ。絶対繋いではいけないWiFiネットワークを覚えておいてください

GIZMODO / 2021年6月24日 11時30分

写真

Photo: Tomohiro Ohsumi (Getty Images)

iPhoneユーザーの方、念のため覚えておいてください。

もし「%p%s%s%s%s%n」という怪しいWiFiのSSIDに遭遇したら、絶対に繋がないでください。繋いでしまったら最後、WiFi機能がぶっ壊れます。

このバグは、セキュリティ研究者のCarl Schou氏によって発見、「%p%s%s%s%s%n」に接続してiPhoneがバグった様子の動画をTwitterに投稿しています。iPhoneのWiFiを永遠にオンにできなくなっていますね…。9to5Macによると、このバグはiPadも影響し、AirDrop等のサービスも使えなくなるとのこと。デバイスを再起動しても、ホットスポットのSSIDを変更しても、WiFiネットワークに接続できなくなります。

After joining my personal WiFi with the SSID “%p%s%s%s%s%n”, my iPhone permanently disabled it’s WiFi functionality. Neither rebooting nor changing SSID fixes it :~) pic.twitter.com/2eue90JFu3

— Carl Schou (@vm_call) June 18, 2021

パーソナルWiFiを、SSID「%p%s%s%s%s%n」に接続後、私のiPhoneは永遠にWiFi機能をオンにできません。再起動してもSSIDを変更しても直りません。

Schou氏は、どうやってこのバグを見つけたのかは明らかにしていませんが、他の勇敢なTwitterユーザーも、その名前のWiFiネットワークに接続したところ、バグが確認されました。なおMacRumorsによると、Android端末は、この名前のネットワークに接続してもバグは起こらないそうです。

しかし、このバグがアップルのハードウェアに永久的に破壊されるものではなく、修正できることがわかりました。万が一、このバグをやられてしまった場合、以下の簡単な手順で直せます。

9to5Macによれば、全てのネットワーク設定をリセットすれば良いとのことで、「設定」→「一般」→「リセット」→「ネットワーク設定をリセット」で修正できます。これにより、iPhoneに保存されている全てのWiFiネットワークがリセットされ、デバイスのメモリから呪われたネットワーク名が消去され、iPhoneは再び正常にWiFiに接続できるようになります。

このバグの原因については、入力解析上の問題によって、iOSがパーセント記号 (%) の後の文字をコーディングの言語で使われている変数名やコマンドを指す記号列のフォーマット指定子と間違えてしまうという説が一般的なようです。また最終的にメモリが破壊され、iOSのWatchdogがプロセスを排除することで、WiFi機能が停止しするという説もあります。

「%p%s%s%s%s%n」という名前のWiFiネットワークがそこら中にあるわけではありません。いずれAppleがiOSのアップデートでこのバグを修正するかと思いますが、パーセント記号が含まれたWiFiネットワークにも警戒しておきましょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング